ニュース、レポート及びイベント

新着情報

2019.10.22
経済関連出版

コファスのすべての出版物

2019.10.21
経済関連出版

2020年における世界経済:中央銀行の行為にもかかわらず、減速に向かう

定年通りに、2019年の夏にも政治的出来事が行いました。アルゼンチンの新たなる為替レートの危機、イタリアの予想外の政権交代、香港とロシアのデモ、更に複雑になったブレグジットの状況及びサウジアラビアに行った石油施設への攻撃

続きを読む
2019.10.21
経済関連出版

カントリーリスク評価マップー2019年10月

コファスによる全世界の161ヵ国の評価。閲覧、ダウンロード、プリント可

続きを読む
2019.10.21
経済関連出版

解説図 - セクターリスク評価 - 2019年10月

コファスのセクターリスク評価(世界のGDPの85%に相当する6地域、24カ国の13セクターが対象)では、「低リスク」、「中程度のリスク」、「高リスク」、「超高リスク」の4段階でリスクをランク付けしている。

続きを読む
2019.09.24
経済関連出版

オランダ:貿易の秘密とは?

2018年にオランダは商品の輸出において世界6位の輸出国だった。2015年にサービス部門では全世界の8位に上った。2015年にGDP対輸出額でのレシオを見たら、オランダが世界3位になった(アイルランドとスイスのすぐ後ろ)【詳細へ】

続きを読む
2019.09.12
経済関連出版

中東欧における倒産傾向:世界経済の状況にもかかわらず、好調だ

EUでは中東欧が今までなかった経済成長を経験しているが、減速が今後数年内に予測ができる。

続きを読む
2019.08.05
経済関連出版

GCC地域:企業の資金源不足によって代替資金調達が著しくなってきた

GCC地域の経済状況が改善していることにもかかわらず、2015年よりも資金源の不足と金融情勢は引き締まっている。資金調達は企業特に中小企業にとって重要な問題となっている。石油価格の高騰によって融資の成長はやや改善しているが、歴史的な平均に下回っている。

続きを読む
2019.07.15
経済関連出版

貿易摩擦が再び世界経済の中心に - カントリー及びセクターリスクのバロメーター

2019年上半期は世界貿易の落ち込みが確認され、下半期でやや持ち直すことが期待されたとしても、コファスバロメーターによれば、通年では貿易量は0.7%減少すると思われる。

続きを読む
2019.07.10
経済関連出版

アジア企業の支払調査2019:貿易戦争の中、支払は悪化傾向

貿易戦争、欧米の成長鈍化、英国のEU離脱、不安定な世界の資本移動―アジアの企業は、昨年、数多くの政治的、経済的、財政的な危険に立ち向かわなくてはならなかった。これらが企業に与える影響をより良く理解するために、コファスは全世界を対象に毎年、企業の支払調査を行っている。アジア企業の支払調査2019は、アジア太平洋地域の9カ国・地域を対象とする。調査では、2018年の第4四半期に、3,000社余りからデータを集めた。

続きを読む
2019.07.04
経済関連出版

アフリカにおけるポリティカルリスク:危機レベルが上昇

すぐには止む気配のない頻発する紛争、テロ、社会的・政治的緊張で、アフリカの脆弱さと混乱は続くだろう

続きを読む
2019.07.04
企業出版物

解説図 - セクターリスク評価 - 2019年7月

コファスのセクターリスク評価(世界のGDPの85%に相当する6地域、24カ国の13セクターが対象)では、「低リスク」、「中程度のリスク」、「高リスク」、「超高リスク」の4段階でリスクをランク付けしている。

続きを読む
2019.07.04
経済関連出版

カントリーリスク評価マップー2019年7月

コファスによる全世界の161ヵ国の評価。閲覧、ダウンロード、プリント可

続きを読む
2019.06.19
経済関連出版

天然ガスの暗い見通し:どのようにリスクが現在の好調を悪化するのか

最近まで、天然ガスは化石燃料の中で「最もクリーン」だとされ、あらゆる指標が需要と生産の伸びを示していた。
しかし、市場の展開は速く、再生可能エネルギー源の人気が増し、経済的に実行可能な代替エネルギー源となってきている。

続きを読む
2019.06.18
経済関連出版

モロッコにおける企業間の支払動向調査結果:支払期間は長く残る傾向に

2019年の第1四半期において、4回目のモロッコにおける企業間の支払動向調査を実行した。調査の目的は支払期間と支払遅延の動向をモニターするために、開始された。支払振りは経済の状況と事業環境の動向を反映している

続きを読む
2019.05.29
経済関連出版

フランスの企業倒産:波の谷間に入った小企業

2019年の最初の4か月、フランスの企業倒産件数は+0.8%まで上昇した。このレートは1月、2月にかけて特に高く、主に「黄色いベスト」運動の波及効果の為である。しかし、3月、4月には倒産件数の増加は減少した。とはいえ、Cofaceは回復力のある経済成長にもかかわらず、破産は2019年全体で+ 1.7%増加すると予測している、、、

続きを読む
2019.05.21
経済関連出版

模倣組から先行組へ:5G分野での中国の野心を探る

中国は、政府の政策と研究開発(R&D)への多額の投資のおかげで、5G分野の技術において急速に大国となった。この新しい技術は「メイド・イン・チャイナ2025」構想の一部であり、これを通じて中国政府はハイエンド産業において自給自足を目標としている。中国は5Gへの取り組みをまとめ、いくつかの成功が既に目に見えている。たとえば、現在の5Gネットワーク規格に関する世界の特許の40%は中国企業によるものである。さらに中国企業は5Gから恩恵を受け始めている。ファーウェイはネットワークインフラ分野で世界首位に立っており、現在、市場の29%を握っている、、、(英文に続く)

続きを読む
2019.05.09
経済関連出版

世界的な景気後退における高級品産業の実績:今回は異なるか?

高級品産業は主にその商品が社会的区別のため消費されるためユニークな市場である。このことにより同業界の企業は過去数年間、他の業界の企業を上回ることができた。にもかかわらず、高級品市場は特に偽造品、企業に対するリスクおよび電子商取引など、ビジネスを行ううえで混乱を引き起こす重要な課題に直面している。その上、この市場は厳しい経済状況に影響されない。世界経済の活動は現在後退しており:コファスは世界全体のGDP成長率を2018年3.2%の後、2019年に2.9%と予測しており、これは一部高級製品に影響を及ぼすだろう。将来的に考えると新興国の中流階級の台頭 - 特に中国において - は大きな機会をもたらしている。世界的な景気後退にもかかわらず、 我々は高級小売市場全体が弾力的であると期待しており、特に中国の消費者の高級品に対する欲求の上昇から恩恵を受けている。

続きを読む
2019.04.24
経済関連出版

中央アジア:中国とロシアとの三角関係は持続可能か?

中央アジアは中国とヨーロッパにとってパートナーであり貿易の入り口でもある。同地域は新シルクロードの分岐に位置している。中国は批判の一方で中央アジア回廊の発展に最も関わっている。他のルートとの競争や地域協力が乏しいことを考えると、この展開は明瞭ではない。 一方、ロシアの影響は海外への送金、その軍事基地、そして文化を通じて重要なままであるが、それは経済的な点において中国によって取って代わられている...(英文に続く)

続きを読む
2019.04.24
経済関連出版

大きな産業循環は続く - カントリー&セクターリスクバロメーター

世界的な景気後退の兆しは2019年の初めに蓄積し続けた:企業は1年前よりもはるかに自信がなくなり、世界貿易は疲労の兆しを見せている。

続きを読む
2019.04.24
経済関連出版

カントリーリスク評価マップ - 2019年4月

カントリーリスクマップ最新版。コファスによって評価された161ヵ国の地図の閲覧、ダウンロードおよびプリントアウトが可能。

続きを読む
2019.04.24
経済関連出版

解説図 - セクターリスク評価 - 2019年4月

解説図 - セクターリスク評価

続きを読む
トップ
  • 日本語
  • English