NEWS

世界的な景気回復は2022年も続いているが、前途は多難 コファス・バロメーター第4四半期 2021

2022.02.22

パンデミック発生から2年、世界経済は回復を続けているが、依然として大きな課題に直面している。2021年第三四半期の一時的な改善後、オミクロンはパンデミックの予測不可能性を強調し、回復に影響を与える主な要因の一つであるサプライチェーンの混乱を悪化させた。もう一つの大きなリスクは、持続的で、抑えきれないインフレ率の上昇である。

続きを読む

コファスは多国籍企業のニーズを より応じる新商品 「グローバライナー(Globaliner)」を提供開始

2022.01.05

グローバライナーは、よりスピーディな契約の発行と地元の保険契約に関するより広範囲な管理を通じて、多国籍企業の発展をサポートしている

続きを読む

コファス・カントリー・セクターリスク・バロメーター2021年第3四半期: サプライチェーンとインフレによる逆...

2021.10.27

コロナ禍をきっかけとした世界的な不況が始まってから18か月以上が経過した現在、経済の回復が続いている。この傾向は、夏の間にワクチン接種が、特に先進国において進んだことによるものであるといえる。その結果、ハイコンタクトの多いサービスの消費が急速に増加している。しかし、新興国経済の状況にはいまだばらつきがあり、輸出志向の国はその消費回復の恩恵を受けているが、サービス業への依存度が高い国は遅れを取り戻せていない。

続きを読む

コファス・グローバル・ソリューションズ・ジャパニーズ・ソリューションズ(Coface Global Solutions–Japanese Solut...

2021.07.29

コファスは本日、有原康予(ありはらやすよ)がコファス・グローバル・ソリューションズ・ジャパニーズ・ソリューションズ(CGS-JS)のコマーシャル・ディレクターに就任したことを発表した。2021年7月1日付より、CGS-JSのグローバル・ヘッドである林進吉の直下となる。

続きを読む

バロメーター2021年第2四半期: 回復ペースが一様ではない世界

2021.07.14

コロナ禍に開始から18か月が経過した現在、ワクチンへのアクセスが市民の日常生活やグローバル経済のペースを決定する主な要因となっている。2021年におけるGDPの成長予測は上方修正されたが(+5.6%)、これは主に米国からのプラス要素の結果である。これらによる改善された予想成長率は世界貿易に反映されており、コファスでは昨年の5%もの貿易量の減少後、2021年には11%の増大を見込んでいる。

続きを読む
すべてのニュース
  • 日本語
  • English
  • WE WILL OVERCOME THIS OBSTACLE ALL TOGETHER, BECAUSE AT COFACE | #WEDONTSTOP
    
閉じる

     

    WE WILL OVERCOME THIS OBSTACLE ALL TOGETHER, BECAUSE AT COFACE #WEDONTSTOP