ニュース、レポート及びイベント

ニュース、レポート及びイベント

News

アジア企業の支払調査2020:COVID-19が昨年持ち直し始めた動きを覆す

2020.07.02

米中間の貿易摩擦一色だった2019年が過ぎ、コファスはサプライチェーンの移行と米連邦準備銀行からの流動性の追加により、アジア(中国を除く)において経済活動が持ち直し始めているのを確認した。

続きを読む

スペイン、イタリアの企業バランスシートはCOVID-19のショックを吸収できるか

2020.06.29

2020年第2四半期は今年最も困難な時期になりつつあるが、回復への道が長く辛いものになると考える理由は十分に揃っている。当面の納税猶予や流動性保証といった救済措置はあるものの、多くの企業は苦境に陥る可能性が高い。

続きを読む

欧州の企業倒産:特例措置により倒産申立期限を一時的に停止

2020.06.18

COVID-19パンデミックが欧州で前例のない甚大な経済的影響を及ぼしている。移動制限で労働者が通勤できず、また、消費も落ち込んでいる。この需要・供給の二重ショックにより、多数の企業が少なくとも部分的に生産を停止している状況である。企業は、収益減少に伴う資金繰り悪化により支払いが遅延し、最終的には支払不能に陥っている。

続きを読む

コファス・バロメーター2020年第2四半期 大規模なショックから、一様ではない回復へ

2020.06.09

外出制限を緩和する措置が最初に取られてから数週間が経ち、ほとんどの欧州諸国では経済活動が改善しつつある。しかしながら、中国から遅れること約2カ月、この段階的かつ部分的な回復では外出禁止措置が世界の経済成長に与えた影響を打ち消すことはできない。
これについてコファスは、2020年の景気後退(世界のGDPが4.4%下落)は2009年の経済危機を上回る規模になると予測している。新型コロナウイルス・パンデミックの第二派が起きないという仮定に基づいて、2021年には回復(+5.1%)が予想されているもののGDPは米国、ユーロ圏、日本、英国において、2019年の水準と比較して2ポイントから5ポイント低くなると考えられる。

続きを読む

2020年中国企業支払い動向調査:COVID-19の影響で支払い遅延件数がさらに増加

2020.06.02

2020年はCOVID-19による経済活動減速で支払い動向は急激に悪化する見込み

続きを読む
すべてのニュース

Journalists

コファスについて取材をご希望される方は下記の問い合わせ先にご連絡下さい。
 
お問い合わせ:
Japan - Jonathan Perez
jonathan.perez@coface.com
 
   
Journalists
本ウェブサイトは様々な情報が掲載されいます:
- 数字でわかるコファス
- コファスの会社概要
- グループの案内レポート
- ニュース&リリース
- カントリーリスクに関するレポート
   
  • 日本語
  • English