コファスの信用保険サービス

コファスグローバルソリューション(CGS)

多国籍企業向け貿易保険

コファス・グローバル・ソリューションが選ばれる4つの理由

  • 専門チームと世界100カ国の現地サービス窓口により、本社と現地法人を常時サポートします。
  • リソースの集中化により、納得のゆく保険条件設定が可能です。
  • 取引先貸倒れリスクを全体で把握することができ、現地法人のリスクコントロールが容易になります。
  • CGSダッシュボードをはじめ、精度が高く使いやすい与信管理アプリケーションを提供します。
大規模多国籍企業向け商品

「コファス・グローバル・ソリューション」(CGS)は、柔軟な対応、高いクオリティ、世界的な知名度とお客様に特化したサービスを求める大規模な多国籍企業向けの商品です

 

コファスは、プログラム・ディレクター、プログラム・リスク・マネジャー、プログラム・サービシング・マネジャーをはじめとする管理職クラスを中心に、アカウント・マネジャー、保険引受担当、保険金請求担当などの現地管理部門とも連携してお客様を支援します。

 

メリット: 

CGSは現地法人の取引の費用効果を高め、与信管理を最適化します。国際的な事業活動を安心して行い、事業実績を上げることが可能になります。お客様の現地法人を一括して全体で信用取引保険のプランを設計いたします。

 

「コファス・グローバル・ソリューション」には、多種多様な取引信用保険管理ツールのほか、次のようなサービスも含まれています。

コファスの世界ネットワークにより、直接または100カ国のパートナーを通じて、取引信用保険サービスを各国現地で提供いたします。

6800万の企業情報を搭載したグローバル・データベースをご利用頂けます。各業種に特化した660人の与信審査と信用分析のエキスパートがお手伝いいたします。

使いやすい最新鋭のプラットフォーム「CGSダッシュボード」を使って、取引先のリスクをインターネット上で分析できます。取引企業別データ、リスクレベル、カントリーリスクを調べることができ、どのリスクが保険対象になっているかを明確に把握することができます。

価値あるサービスをお届けします

価値あるサービスをお届けします

日本のある持株会社は、世界一流の電気製品販売会社を運営しており、35の現地法人と100の営業所を展開しています。

 

この持株会社は各グループ会社に権限を与える方針をとっており、現地法人は独自に取引信用保険に加入することができます。半年ほど前、会社の最高財務責任者は現地法人3社が採用している「コファス・グローバル・ソリューション」を紹介され、「CGSダッシュボード」で入手できる取引先ポートフォリオ情報に大きな興味を持ちました。そこで、取引信用保険をグループ全体で見直すことにしました。その結果、支出を23%増やせば、今まで56%だった売掛債権の回収が100%になることが分かりました。

 

全部の現地法人で「CGSダッシュボード」を導入した結果、子会社に対して未回収の債権を多く抱えている取引先が沢山あることが分かりました。この子会社の中には、親会社との直接が関係がなくなったのに旧社名で経営している会社もありました。経営陣はこうした取引を今まで疑問に思っていませんでした。

 

次のアニュアル・レポートでは、保険対象のリスク要素とそれ以外のリスク要素を区別した、連結ベースでの債権残高の分析結果を入れることになりました。最高財務責任者は、運転資金リスクに高い関心を有する株主がこの重要情報を高く評価するだろうと確信しています。

トップ
  • 日本語
  • English