ニュース、レポート及びイベント

新着情報

2019.10.29
カントリーリスク&経済レポート

すべてのニュース

2019.10.23
グループニュース

コファス インドネシア・フィリピンに新たなカントリーマネージャーを任命

本日コファスは、Chrisna Sudarma氏をインドネシア・フィリピンのカントリーマネージャーとして任命する。任命は2019年10月2日に発効する。ジャカルタを拠点として活動するChrisna氏は、アジア・パシフィック地域担当CEOのBhupesh Gupta氏に直接報告をすることとなる。

続きを読む
2019.10.22
カントリーリスク&経済レポート

農業食品セクター見通し:保護貿易主義者によって緊張が高まる世界経済の中で、将来はどうなるか

特に米中の緊張の高まりなど貿易摩擦の渦中にあって、農業食品セクターは、大豆など主要産品の価格の下落傾向が目立ち、連鎖的な影響を受けている。コファスは、同市場の今後の傾向を詳細に分析した。

続きを読む
2019.10.21
カントリーリスク&経済レポート

コファス・バロメーター:各国中央銀行の行動にもかかわらず世界経済は全般的に低迷

企業マインドは政治的に不安定な地域が増えた夏の影響を受け、2020年は経済的衰退の年となりそうだ。

続きを読む
2019.10.21
カントリーリスク&経済レポート

コファスはユーロ圏の成長を推定するための新しい予測ツールCRAFTを導入する

景気後退か、やや悪化か、CRAFTはユーロ圏の主要国における成長鈍化の鍵となる要因を提示する。

続きを読む
2019.09.26
グループニュース

消費税引き上げに関するご案内

消費税引き上げに関する取扱いを案内いたします。

続きを読む
2019.09.25
カントリーリスク&経済レポート

オランダ:貿易の秘密

中国や米国での保護貿易主義の高まり、英国のEU離脱、縮小する世界貿易―先行きに暗雲が垂れ込めるが、オランダ経済は驚くほど明るさを維持している。

続きを読む
2019.07.30
グループニュース

コファスグループは2019年上半期において良好な財務実績を示した

純利益は25%アップで、7850万ユーロ(約100億円)に上がり、年換算での平均資本利益率は9.6%に達成。

続きを読む
2019.07.18
グループニュース

新しい中国のカントリーマネージャー及びチャイナグローバルソリューションズの責任者の任命を発表

コファスは7月8日付で、中国のカントリー・マネージャー及びチャイナ・グローバル・ソリューションズの責任者にBenoit Ganzmann (ブノア・ガンズマン)を任命することを発表した。チャイナ・グローバル・ソリューションズは、全世界の中国企業及びその子会社の動向に注目し、サービスを提供する新規事業である。

続きを読む
2019.07.10
カントリーリスク&経済レポート

アジア企業の支払調査2019:貿易戦争の中、支払は悪化傾向

コファスのアジア企業の支払調査2019は、9カ国・地域(オーストラリア、中国、香港、インド、日本、マレーシア、シンガポール、タイ、台湾)の3,000社余りを対象とする。調査対象の63%が、2018年に支払遅延を経験したと答えた。遅延期間は平均で、2017年の84日から2018年は88日に増えた。遅延期間が長かったのは、中国、マレーシア、シンガポールで、セクターとしては、エネルギー、建設、ICTセクターであった。

続きを読む
2019.07.08
カントリーリスク&経済レポート

コファス バロメーター - 貿易摩擦が再び世界経済の中心に

米中の貿易戦争、苦境の自動車セクター、新興経済の成長鈍化等によって2019年の第2四半期は、世界経済の減速が顕著となった

続きを読む
2019.07.04
カントリーリスク&経済レポート

コファスのポリティカルリスク展望:アフリカ大陸の危機レベル上昇

すぐには止む気配のない頻発する紛争、テロ、社会的・政治的緊張で、アフリカの脆弱さと混乱は続くだろう

続きを読む
2019.06.26
カントリーリスク&経済レポート

天然ガス:ブームと暗い見通しの間で揺れ動く

天然ガス市場は活況を呈しており中期的には増加が見込まれるが、それほど明るくない未来を暗示する要因も多い

続きを読む
2019.05.30
カントリーリスク&経済レポート

フランスの企業倒産件数:波の谷間に入った小企業

黄色いベスト運動は今年の初めには企業の倒産件数に大きな影響を及ぼしたものの、動員数の減少と経済成長の回復が、3月及び4月のフランス企業の財政状態に好影響をもたらした。

続きを読む
2019.05.21
カントリーリスク&経済レポート

模倣組から先行組へ:5G分野での中国の野心を探る

中国は5G分野へのアプローチを上手く取りまとめており、すでにいくつかの成功が明らかになっている。だが、特にハイエンド製品については中国は依然として輸入に頼っており、ITセクターは保護主義の脅威に晒されたままだ。さらに、中国企業に5Gネットワークの展開を委ねることは、多くの受け入れ国にとってサイバーセキュリティ上のリスクになると見られている。米国はファーウェイの機器・設備を禁止しつつあり、同盟各国に対しても同じ行動を求めている。これは中国の5G分野の将来的な成長にとって障害になるかもしれない、、、

続きを読む
2019.05.15
カントリーリスク&経済レポート

グローバル経済減速のなかで、高級品産業は好調を持続―ただし新たな課題も

偽造品、電子商取引、中国消費者の存在感上昇等で高級品市場は全般的にリセッションの影響を比較的免れてはいるものの、特別なステータスを失いたくなければ、大きく変化しつつある経済に適応しなければならない。

続きを読む
2019.04.24
カントリーリスク&経済レポート

中央アジア、中国、及びロシア:理に適った三カ国提携

ニュー・シルクロード(一帯一路)の2本の分岐に位置する中央アジアは、中国とヨーロッパにとって貿易相手でもありそれぞれの地域への入口でもある。移民、軍事基地、文化などを通じての同地域における長年にわたるロシアの影響力も注目に値する。現時点で、中国とロシアはそれぞれ欧米の考え方への抵抗やイスラム過激派の拡大に対する闘いなどに関して、親交関係を確立する理由をいくつか有している。しかし、中国が同地域の回廊開発の資金の最大の提供者である以上、近いうちにパワーバランスが変化する可能性もある。

続きを読む
2019.04.24
カントリーリスク&経済レポート

産業循環の転換がヨーロッパと北米の化学品セクターに打撃

今後も世界経済の減速が進む兆し:2019年 - 破産件数は3分の2の国で増加(西欧では+3%)- ヨーロッパと北米の化学品産業は自動車セクターでのチャンスが減った悪影響を被る - 評価の改善はサウジアラビアの格上げ(B)など中東に集中

続きを読む
2019.04.24
グループニュース

コファスは好調な2019年第一四半期を発表

Fit to Win計画、ポートフォリオの拡大そして健全な引受管理の効果に支えられ、純利益36.4百万ユーロ、 RoATE 9.0%となった。(英文に続く)

続きを読む
2019.04.22
グループニュース

ゴールデンウィーク期間中の休業のお知らせ

弊社のゴールデンウィーク期間中の休業に関しましてご案内させていただきます。

続きを読む
2019.04.09
カントリーリスク&経済レポート

5年間続いたモディノミクスにもかかわらず、今も経済の脆弱性に悩まされるインド

ナレンドラ・モディ首相は就任当初の2014年、インド産業部門の競争力を高めることで経済成長を促進させる、と公約した。4月11日から5月19日まで行われるインド総選挙で、モディ氏は再び大統領に立候補する。経済状態は2014年よりも改善されているが、モディ首相が受け継いだ多くの構造的脆弱性は現在も依然としてインドに悪影響を及ぼしており、経済改革の点では必ずしも取り組みがすべて成功しているとは言い難く、モディ氏への支持が弱まる原因となっている。

続きを読む
トップ
  • 日本語
  • English