ニュース、レポート及びイベント

新着情報

2017.09.29
カントリーリスク&経済レポート

すべてのニュース

2017.05.05
カントリーリスク&経済レポート

中欧及び東欧地域で労働力不足:家計には追い風だが地元企業には脅威

中央および東ヨーロッパの労働市場の発展は家計には有益であった。賃金の上昇と低インフレに消費者信頼感の改善が加わって、失業率の低下と個人消費の伸びにつながっている。

続きを読む
2017.05.02
グループニュース

コファスがデジタルサービスをさらに向上

コファスの3ヶ年計画Fit-to-Winの重要な目標の一つはサービスの向上である。

続きを読む
2017.04.26
グループニュース

Coface results for Q1-2017: Net income at €7.3m driven by an improvement in net loss ratio. Fit to Win progressing as planned.

Net income at €7.3m driven by an improvement in net loss ratio. Fit to Win progressing as planned.

続きを読む
2017.03.30
カントリーリスク&経済レポート

中国での企業の支払状況は2016年には好転したが、財政的圧迫により超長期支払遅延は増加

合計1,017社の中国企業から回答を得た企業信用リスク管理に関する調査の結果、企業の支払状況は2016年には改善し、2016年に支払遅延を経験したと回答した企業の割合は68%となった、、、

続きを読む
2017.03.23
カントリーリスク&経済レポート

全世界のカントリーリスクとセクターリスク - 根強い政治的リスクにもかかわらず、企業景況感は再び回復に

2017年初めの主な経済面での驚き:企業景況感にはかなりの回復が見られるが、国別評価及びリスク評価を広く好転させるには至っていない。

続きを読む
2017.03.23
カントリーリスク&経済レポート

解説図:セクターリスク評価 - 2017年第1四半期

世界の12の主要なセクターを評価

続きを読む
2017.03.23
カントリーリスク&経済レポート

解説図:159ヵ国の新たなポリティカルリスク指標

2007年と2015年の間で紛争は+100%まで上昇。2017年は武力紛争の激化のため重い代償を払うことになるだろう。

続きを読む
2017.03.21
カントリーリスク&経済レポート

159カ国におけるコファスの新しい政治的リスク指標

政治的リスクの幅広い上昇が、複雑な地域の経済力を覆い隠す

続きを読む
2017.03.14
カントリーリスク&経済レポート

中国の長期及び近年にわたる不確実性-中国企業への影響は?

人民元の潜在的な下落は、資本取引規制の実施と相俟って、中国にとって長期にわたる懸念事項となっている。

続きを読む
2017.02.08
グループニュース

2016年12月31日時点のコファス業績

「2016年の下半期は、コファスの変革の始まりを記しました。我々は同年に4150万ユーロの純利益を上げ、フランス国の輸出保証活動の譲渡についても成功裏に合意に達しました。また、3カ年の戦略計画Fit to Winを開始し、、、」

続きを読む
2017.02.06
カントリーリスク&経済レポート

第一回ブラジル企業の支払調査2016

支払振り、厳しい経済シナリオの影響を受ける
調査を受けた企業の75%が取引先から支払い期日の延長の要求を受けている。

続きを読む
2017.02.03
グループニュース

Coface Group: Executive Committee appointments

As part of the implementation of the three-year strategic Fit-to-Win plan, aimed at positioning Coface as the most agile global credit insurer on the market, changes are to be made to the Group's Executive Committee, effective from 3 April 2017.

続きを読む
2017.01.26
カントリーリスク&経済レポート

2017年:新興市場国においては、政治的・銀行リスクの年

最近の景気回復にもかかわらず、今年も世界の経済環境は引き続き見通しが不透明である。

続きを読む
2017.01.23
カントリーリスク&経済レポート

解説図 - 2017:経済の好転は政治的リスクに直面している

2017年の4つの主要なリスク、しかしいくつかの肯定的な点も、、、

続きを読む
2017.01.12
カントリーリスク&経済レポート

ポーランドの支払動向調査:ポーランド企業の間に広がる支払い遅延

コファスの支払動向調査により、掛け売りはポーランド企業の間で広く用いられている。与信期間を設けることは一般的になっているが、だからといって、売掛金が期日通りに支払われているというわけではない。

続きを読む
2016.12.23
カントリーリスク&経済レポート

2015年と2016年とショックが続いた後、トルコ経済の新たな「チューリップの時代」は終焉に近づきつつある

2015年の2度の議会選挙の結果としての政治不安の拡大、米FRBの金利引き上げの影響による世界的な流動性の低下、そしてトルコ・リラ安などがすべて、経済成長の足を引っ張る形になっている。

続きを読む
2016.12.23
カントリーリスク&経済レポート

南アフリカ経済は、投資格付けの引き下げが懸念される中、農業と鉱業の危機に直面している

2011年をピークに、南アフリカの経済成長実績はコンスタントに下がり続けている。

続きを読む
2016.12.22
グループニュース

年末年始の営業日のお知らせ2016年

さて、弊社の年末年始の営業日に関しまして下記の通りご案内させていただきます。
休業期間中は何かとご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承の程お願い申し上げます。  皆様のご健康をお祈りいたしますとともに、来年度も変わらぬご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

続きを読む
2016.12.16
カントリーリスク&経済レポート

フランス経済のウーバー化:雇用に与えるプラスの影響は、どこまで続くか?

フランスにおけるタクシー会社の破産件数は、一年で60%近く増加し、2015年8月の141件から2016年8月には224件に達した。平均して3.38人分の失業が生じている。

続きを読む
2016.12.05
グループニュース

コファスは、タイのカントリー・マネージャーとして、ティティ・ムスワン(Thiti Musuwan)氏を任命する

タイにおける大手信用保険会社としての位置付けをさらに強化するため、コファスは12月1日付で、ティティ・ムスワン(Thiti Musuwan)氏をコファスのタイのカントリー・マネージャーに任命する。ティティは、タイにおける業務を監督し、コファスの信用保険と与信管理業務を展開する。

続きを読む
2016.12.02
カントリーリスク&経済レポート

2017年のドイツ経済:安定しているが安閑としてはいられない

今後、ドイツがさらなる経済成長をより高い安定度で達成することが期待できそうだ。したがって、確固たる成長を遂げるというコファスの予測には特に驚きはない。

続きを読む
2016.11.25
グループニュース

コファスは、アジア太平洋地域シングルリスク、金融機関及びストラクチャード・ファイナンス担当バイス・

コファスでは、お客様に賢明なソリューションを確実にご提供するべく弊社のグローバル商品及びセクター別の専門知識を提供するために、並びに必要な条件を満たすリスクマネジメントを保証するために、世界の及び地域的な連携を進めるにあたって、アジア太平洋地域の事業は必要な成長を達成するために重要であると位置づけている。

続きを読む
2016.11.25
カントリーリスク&経済レポート

世界のセクター別リスクは危ういバランスの上に成り立っている

2016年末の時点で、世界のセクター別の傾向は、これまではリスクの上昇の影響を比較的免れていた地域も含めて、引き続き明暗が分かれている。一年を通じて、世界6つの地域で12セクターが評価され、そのうちほぼ半分が評価を見直される結果となった。格下げは23に対して、格上げは10という結果になった。

続きを読む
2016.11.15
カントリーリスク&経済レポート

メキシコ経済:さらなる困難が待ち受ける

2016年第2四半期、季節調整済み経済活動は、前期の2.5%(対前年比)から1.5%へと減速した。この数字の悪化の主な原因は、産業が第1四半期と比較して第2四半期に1.5%縮小したことだが、これは石油生産の大幅縮小と製造業及び建設業が直面している困難によるところが大きい。サービス業セクターも減速し、前年同期と比較して、2016年第1四半期には3.4%だった成長率が第2四半期には2.4%に縮小した。

続きを読む
2016.11.09
カントリーリスク&経済レポート

アベノミクス第一の矢:なぜ上手くいかないのか?

第一の矢が成功を収めている間に進んだ円安は、なぜ日本の輸出量拡大を後押しできなかったのか?

続きを読む
2016.10.19
カントリーリスク&経済レポート

先進諸国で政治的リスク高まる:欧州主要国の頭上に「ダモクレスの剣」

今後数ヶ月間の欧州における重要な政治的テーマ

続きを読む
2016.10.18
カントリーリスク&経済レポート

ブレグジット・ショックをきっかけとするさらなる格下げと、減少する石油収益

世界的な経済成長:開発途上国先進国では安定、新興経済国ではやや改善

続きを読む
2016.10.17
カントリーリスク&経済レポート

解説図 - ポリティカルリスクはグローバル経済にとって新たな脅威となるか?

European political calendar: crucial deadlines

続きを読む
2016.10.07
カントリーリスク&経済レポート

ラテンアメリカ:製造業輸出が依然として精彩を欠いているのはなぜか?

海外貿易は、今後数年間はラテンアメリカにおける経済成長の主因とはなりそうもない

続きを読む
2016.09.30
グループニュース

コファス、フィッチによる格付け「AA-」据え置きの決定を歓迎

フィッチ・レーティングス社は2016年9月29日、コファスに関する報道資料を発表した。この中でフィッチは、コファス・グループの保険会社財務格付(IFS)を「AA-」、見通し安定で据え置きとした。

続きを読む
2016.09.26
グループニュース

コファス、アジア太平洋最優秀貿易保険事業者賞を受賞

コファスはGTRより「アジア太平洋最優秀貿易保険事業者賞」を受賞した。コファスとしては2度目の同賞受賞となる。GTRは国際取引、コモディティ取引、輸出及びサプライチェーンファイナンス産業に関する世界有数の報道機関・出版社・イベント主催者であり、ロンドン、香港、シンガポールにオフィスを構えている。

続きを読む
2016.09.22
カントリーリスク&経済レポート

ポーランド企業倒産動向:順調な経済成長のもとで倒産件数が低下

ポーランド経済は今年減速しているとはいえ、成長率は引き続き良好で、2015年の3.6%に続いて、2016年は3.2%となっている。
企業はポジティブなマクロ経済条件の恩恵を受けている。
企業倒産及び清算手続きは14%減少。コファスはさらなる改善を予測。2016年・2017年は倒産手続件数が低下する。

続きを読む
2016.09.21
カントリーリスク&経済レポート

フランス経済:成長は踊り場に

外的なショックに影響された第2四半期
2016年の予想成長率は1.6%と引き続きポジティブ
非金融企業の債務水準:欧州では珍しい上昇傾向だが、警戒水準ははるかに下回る。

続きを読む
2016.09.21
カントリーリスク&経済レポート

フランスの自動車部門の短期リスクは低下したが、今後は重大な変化が待っている

自動車セクターは、最良のリスクカテゴリーに引き上げられた。
自動車市場に民間バイヤーが戻ってきており、新車販売台数を押し上げている。2016年は5.6%の増加が見込まれる。

続きを読む
2016.09.21
カントリーリスク&経済レポート

2016年モロッコ企業の支払状況調査

モロッコの経済成長は、2015年に4.5%近い成長を達成した後、2016年には減速した。

続きを読む
2016.09.13
カントリーリスク&経済レポート

北アフリカの農業食品セクター:自然に翻弄される重要なセクター

人口増、加工食品に対する需要増、一人当たり国民所得の増加、そして生産能力の増強など、いくつかの好材料が農業食品セクターを後押ししている。インフラ、気候、及び政府戦略が主な要因である。

続きを読む
2016.09.07
カントリーリスク&経済レポート

米国の製薬企業、「楽観」「悲観」の二つの矛盾するシナリオに直面

官民による順調な投資にもかかわらず、米国の医療指標は主要先進国12カ国の平均を下回る。

続きを読む
2016.08.30
カントリーリスク&経済レポート

New Germany Corporate Payment Survey 2016

Despite the solidity of Germany’s economy, payment delays are still commonplace

続きを読む
2016.08.16
グループニュース

コファス「アジア年間最優秀信用保険会社」及び「シンガポール年間最優秀デジタル保険イニシアチブ」受賞

コファスは、「アジアン・バンキング・アンド・ファイナンス」(ABF)による2016年度アジア保険賞において、地域表彰である「アジア年間最優秀信用保険会社」及び国別表彰である「シンガポール年間最優秀デジタル保険イニシアチブ」を受賞するという大きな栄誉を得た。

続きを読む
2016.08.09
カントリーリスク&経済レポート

中国の二速経済:セクター別の「勝ち組」と「負け組」

2015年、中国経済の伸び率は6.9%と、過去25年間で最も遅い成長ペースを記録した。2016年から2017年にかけても経済成長の減速は続きそうで、2016年から2020年にかけての第13次五カ年計画に定められた平均成長率6.5%という政府目標を下回る可能性が高い。

続きを読む
2016.08.02
グループニュース

コファス、アジア・パシフィック地域担当の最高営業責任者にヒュー・バーク(Hugh Burke)を任命

コファスはアジア成長戦略に沿って、アジア・パシフィック地域担当の最高営業責任者として、ヒュー・バーク(Hugh Burke)を任命した。彼は2016年10月に着任する。

続きを読む
2016.07.20
カントリーリスク&経済レポート

世界6地域でセクターリスク評価を見直し

新興市場諸国ではセクターリスクが依然として上昇

続きを読む
2016.07.18
カントリーリスク&経済レポート

コファス 中欧と東欧の企業倒産パノラマ: 良好な経済条件により、企業倒産件数は減少

2015年通年での企業倒産件数は13カ国中9カ国で減少し、GDP加重平均で見た地域の企業倒産件数は14%減少している。

続きを読む
2016.07.18
カントリーリスク&経済レポート

中欧・東欧・北欧の企業倒産:良好な傾向だがいくつかの国では2015年と比べると減少は緩やかになるだろう

中欧・東欧・北欧の企業倒産:
良好な傾向だがいくつかの国では2015年と比べると減少は緩やかになるだろう

続きを読む
2016.07.14
カントリーリスク&経済レポート

アラブ首長国連邦(UAE):成長減速の新たな時代

徹底した経済多角化によっても石油価格下落の影響は完全には解消されず、小売業と観光業に課題

続きを読む
2016.07.08
カントリーリスク&経済レポート

ユーロ2016:コファスのエコノミストによる最終局面

エコノミストによる決勝戦の二か国の見解 : 対戦相手国にどのように打ち勝つか

続きを読む
2016.07.07
カントリーリスク&経済レポート

世界のコーポ-レートリスク、ピーク水準に達する

2016年の世界の経済成長率予測は0.2ポイント減の2.5%に。グローバルリスクの平均水準は「B:やや高リスク」に相当。「超高リスク」「極めて高リスク」区分に含まれる新興市場諸国の数が増加。世界の3大経済が脆弱な状態に。中国経済の不振が複数のアジア諸国における経済活動に打撃を与える。欧州では前向きの活力が見られるも、ブレグジットを主因とする政治的リスクに注意が必要、、、。

続きを読む
2016.07.05
グループニュース

グループ・リスク・ディレクターにティリー・クロワゼ(Thierry Croiset)を迎え、リスク管理機能を強化

ティリー・クロワゼ(56)は、2016年7月11日付で取引信用保険会社コファスに入社する。カリーヌ・ピション(Carine Pichon)チーフ・ファイナンス&リスク・オフィサー直属のグループ・リスク・ディレクターに就任する。

続きを読む
2016.06.29
カントリーリスク&経済レポート

相次ぐ経済危機にもかかわらず、サブサハラアフリカは2025年までのタイムフレームでは有望

中国の減速やコモディティ価格の下落に大きな打撃を受け、サブサハラアフリカの成長は2008年以降で最低となっている。経済危機により深刻な打撃を受けた国を含めた15か国において、個人消費で大きなポテンシャルが見られる。小売とICT の2セクターに中期的なビジネスチャンスが見られる

続きを読む
2016.06.29
カントリーリスク&経済レポート

インフォグラフィックス:相次ぐ経済危機にもかかわらず、サブサハラアフリカは2025年までのタイムフレーム...

高いポテンシャルのある消費者市場15か国を特定

続きを読む
2016.06.17
カントリーリスク&経済レポート

北ヨーロッパの企業倒産動向:オランダ、スウェーデン、ドイツで明るい傾向が見られる

欧州のマクロ経済状況が改善されたことで、ほとんどの欧州諸国の企業にとって好影響が表われ、北ヨーロッパ4カ国では2015年の企業倒産件数が減少した。

続きを読む
2016.06.13
グループニュース

ティボー・シュレー(Thibault Surer)、グループ戦略・事業開発担当ディレクターに就任

ティボー・シュレー(Thibault Surer、54歳)が、グループ戦略・事業開発担当ディレクターとして、信用保険会社コファスに参加した。彼がトップを務める部門は、戦略、事業開発、マーケティング及びイノベーションを担当する。またティボー・シュレーは、グループ経営執行委員会のメンバーにも就任する。

続きを読む
2016.06.06
カントリーリスク&経済レポート

24か国がユーロ2016に向けウォーミングアップ

カントリーリスク評価: 各国の現状のタイプ

続きを読む
2016.06.02
グループニュース

アジア・パシフィック地域担当CEOにブペシュ・グプタ(Bhupesh Gupta)を迎え、アジア業務体制をさらに強化

コファスは、アジア成長戦略の一環として、ブペシュ・グプタ(Bhupesh Gupta)氏をアジア・パシフィック地域の統括責任者に任命する。

続きを読む
2016.05.31
カントリーリスク&経済レポート

2015年、アジア・パシフィック地域における企業支払は回復せず

コファスによるアジア・パシフィック地域経済の年次調査は、8市場の合計2,793社を対象に実施された。

続きを読む
2016.05.26
カントリーリスク&経済レポート

フランス経済の浮上は決定的か?

2016年1月~4月は、フランス経済に関して多くの明るい指標が見られた。

続きを読む
2016.05.17
カントリーリスク&経済レポート

最悪の事態に陥っているブラジルから読み取れることは?

ブラジルは最悪の事態に陥っている。長引く政治的危機と深刻な経済不況により、信頼感指数は壊滅的な水準に落ち込んでいる。そこに、この度さらにジルマ・ルセフ大統領の弾劾裁判が始まった。

続きを読む
2016.05.12
カントリーリスク&経済レポート

ハンガリー:民間消費が上昇 - 企業にとって課題は残る

グローバル規模で各国経済が不振に陥っているという背景から見れば、ハンガリーの状況は悪くない。

続きを読む
2016.05.04
グループニュース

Coface Q1-2016 results: A tough quarter in a polarized environment

This has been a tough first quarter. Business turnover and profits were lower compared to the same period last year, against the backdrop of a polarized and volatile economic environment.

続きを読む
2016.03.24
カントリーリスク&経済レポート

チェコ共和国、ポーランド、チリ、タイでは輸出の急速な回復が近い

新興市場諸国における現在の危機は、成長率が5年間で半分に低下、通貨リスク及び債務へのエクスポージャーが拡大と予想外の厳しさを見せているが、これは特異な現象ではない

続きを読む
2016.03.24
カントリーリスク&経済レポート

コファス・カントリーリスク評価、四半期最新情報

「日本化」するグローバル経済:超拡張主義的な金融政策にもかかわらず、世界の成長率は低いままに

続きを読む
2016.03.16
カントリーリスク&経済レポート

中国では、支払い遅延を免れた企業はほとんどない。2015年、支払い遅延の影響を受けた企業は全体の80%

企業の与信リスク管理に関する調査(中国企業1000社の回答を得た)によれば、企業の支払い動向は2015年に引き続き悪化し、10社のうち8社は支払い遅延を経験している

続きを読む
2016.03.02
カントリーリスク&経済レポート

ドイツ輸出部門のリスクが大幅に上昇

ドイツ企業が直面する輸出リスクの増大が、成長パフォーマンスを阻害しつつある。ドイツは新興市場諸国・開発途上国グループ(EM)と貿易上のつながりが強いため、これら諸国のあいだでの構造的・周期的な弱さによる影響を非常に受けやすい。

続きを読む
2016.02.18
カントリーリスク&経済レポート

ラテンアメリカにおいて中国が果たす役割は貿易面だけにとどまらない

国際市場へのアクセスが限られる諸国にとって重要な国際的資金源となりつつある中国だが、今後10年間でラテンアメリカ各国への投資累積額を2500億米ドルにまで拡大し、年間の貿易取引額5000億米ドルを達成する方針であると発表した。

続きを読む
2016.02.16
カントリーリスク&経済レポート

パノラマ:フランスの企業倒産件数

フランスの企業倒産件数、平常化へ

続きを読む
2016.02.09
グループニュース

2015年のコファス業績

純利益1億2600万ユーロ、予定配当は1株あたり0.48ユーロで変わらず

続きを読む
2016.01.26
カントリーリスク&経済レポート

2016年に監視すべきリスクは3つ:低成長、政治的緊張、そして新興国における企業債務

2016年、進行するカントリーリスクに対しては慎重な対応が必要になる。世界経済の成長が、コファスの見通しでは2.7%(2015年は2.5%)と弱い中、2015年に出現したリスクは今年も続くものと見られる。最前線では、先進国でも新興国でも政治的緊張が高まっている。

続きを読む
2016.01.26
カントリーリスク&経済レポート

インフォグラフィックス:カントリーリスク評価のマップ - 2016年1月

160ヵ国のカントリーリスク評価

続きを読む
2016.01.21
グループニュース

グラハム・クロジエ(Graham Crozier)、オーストラリア及びニュージーランド担当最高経営責任者(CEO)に就任

グラハム・クロジエ(Graham Crozier)は、2016年2月1日付けでコファス・オーストラリア・ニュージーランド支社の最高経営責任者に任命された。彼は事業開発とオセアニア地域でのコファスの取引信用保険及びサービス活動の運営を監督することになる。

続きを読む
2016.01.15
グループニュース

コファス取締役会、ザビエ・デュラン(Xavier Durand)を最高経営責任者に任命

本日、ローラン・ミニョン議長のもとに開催されたコファス取締役会は、ザビエ・デュラン(XavierDurand)を最高経営責任者に任命することを決定した。この任命は、2 月9 日に2015 年度決算承認のために開催される取締役会の後に有効となる。

続きを読む
2015.12.17
カントリーリスク&経済レポート

欧州の高級ワイン生産モデルで競合に対抗

フランスとイタリアの生産者は、低価格で中間レベルの商品における新たな世界の競合には影響されていないが、スペインには弱みも

続きを読む
2015.12.16
グループニュース

年末年始の営業日のお知らせ

さて、弊社の年末年始の営業日に関しまして下記の通りご案内させていただきます。
休業期間中は何かとご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承の程お願い申し上げます。  皆様のご健康をお祈りいたしますとともに、来年度も変わらぬご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

続きを読む
2015.12.09
カントリーリスク&経済レポート

2015年は世界各地域で高いリスクが続く

コモディティ価格の下落及び販売成長の減速により、2015年は更なるリスク管理が必要となる

続きを読む
2015.11.24
カントリーリスク&経済レポート

建設業:フランス経済のアキレス腱

長期にわたる低迷の末、欧州の建設業に回復の兆しが現れている。フランスでは、コファスが調査対象としている14産業のうち、建設業のみが「非常に高い」リスクとされている。

続きを読む
2015.11.24
カントリーリスク&経済レポート

フランス企業は、一部の業種でリスクは残るものの、弱含みの回復の恩恵を受け始めた。

コファスのエコノミストは、2015年は1.1%、2016年は1.4%の成長を予測している。倒産件数は減少しているが、まだ高水準である。

続きを読む
2015.11.16
カントリーリスク&経済レポート

エジプト:緩やかな回復と構造上の課題

コファスによる2015年度の予測成長率は4.4%。エジプト経済は、2011年の革命による社会的混乱と暴動で大きな打撃を受けたが、政治の安定性の改善や経済改革、海外投資により軌道に戻りつつある。

続きを読む
2015.11.03
グループニュース

ブラジル:危機への応急措置なし

コファスが9月にB(ビジネスデフォルトの重大なリスク)に格下げしたブラジルは、経済的に難しいシナリオに直面し続けている。中央銀行の金利引き上げは、インフレを制御するためであったが、GDPを弱める結果となっている。

続きを読む
2015.10.15
カントリーリスク&経済レポート

欧州における太陽エネルギーの将来に注目:太陽光発電

中国企業による力強い独占及び欧州の生産能力過剰にも関わらず、欧州は中期的には有望な市場になっている

続きを読む
2015.10.15
カントリーリスク&経済レポート

四半期部門リスク評価のアップデート - 2015年10月更新

エネルギー部門はかつてない高リスク。情報通信技術部門は唯一上方修正。自動車部門は再建中。

続きを読む
2015.10.06
グループニュース

コファス、アジア太平洋最優秀貿易保険事業者賞を受賞

コファスはGTRより「アジア太平洋最優秀貿易保険事業者賞」を受賞した。GTRは、国際取引、コモディティ取引、輸出及びサプライチェーンファイナンス産業に関する世界有数の報道機関・出版社・イベント主催者であり、ロンドン、香港、シンガポールにオフィスを構えている。

続きを読む
2015.09.22
カントリーリスク&経済レポート

カントリーリスク評価マップ(2015年第3四半期)

カントリーリスク評価マップによって、国々のリスク評価を総括的に把握できる。コファスカントリーリスク評価の定義にマクロ経済の要因、事業環境の評価や70年間をかけて収集されたマイクロ経済データをまとめ、反映されているものです。

続きを読む
2015.09.21
カントリーリスク&経済レポート

中国の影はアジアに広がるか

中国はより健全で持続可能性の高い成長を実現する道を見つけようと努力している。だがそれは、中国経済にとって、あるいは近隣諸国の経済にとって、まったく痛みを伴わないというわけにはいかない。コファスの試算によれば、2006~07年の中国経済の成長率が13.4%であったのに対し、2015年に6.7%、2016年に6.2%を超える可能性は低いと観られる。

続きを読む
2015.09.17
カントリーリスク&経済レポート

インフォグラフィックス:アジア全体の経済は中国経済の減速を抱えている

We are witnessing a shift in the Chinese economic model. Which Asian countries will be the first victims if there is a hard landing? And which will enjoy the greatest immunity?

続きを読む
2015.09.16
カントリーリスク&経済レポート

湾岸協力会議(GCC)諸国:同じショックに対するさまざまなリアクション

ハイライト:
• 石油価格の急落で浮き彫りになった経済多角化の重要性
• バーレーン及びオマーンなどのように財政的な余裕が小さい国々は、成長パフォーマンスの低さに関連した問題に悩まされている
• サウジアラビア及びアラブ首長国連邦(UAE)は、非石油貿易を促進する戦略が進行しているため、石油価格下落による影響が比較的小さい
• 民間消費及び持続可能な経済成長を支援する政府の取り組みにより、GCC諸国の展望は依然としてポジティブである
• GCC諸国の成長率は2015年が3.4%、2016年が3.7%と予想される

続きを読む
2015.09.15
カントリーリスク&経済レポート

ラテンアメリカ:コモディティ価格暴落後は?

ラテンアメリカの成長が2011年以降減速している。国内ファンダメンタルズの脆弱さによるこの低迷状態は、2014年の下半期以降に見られる循環要因により悪化している。2015年にはこの下落基調のさらなる悪化が見られ、地域のGDPが0.2%縮小することも予想されている。

続きを読む
2015.09.08
カントリーリスク&経済レポート

西欧における企業倒産: 2015年は7%減と予想されるものの、各国の状況は対照的

西欧における企業倒産 は連続で2つの嵐を経験した。サブプライム危機の際には、調査対象である12カ国において企業倒産は平均11%と急増したが、当然のように影響はさらに続き、2012年の企業倒産は8%増、2013年には5%増となった。しかし現在、事態は改善しつつある。2014年には平均9%の減少が見られ、2015年も7%と減少が続く見込みである。イタリアとノルウェーで企業倒産の増加が継続する一方で、ユーロ圏の10カ国(ドイツ、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、オランダ、ポルトガル、イギリス及びスウェーデン)では緩やかな回復によるポジティブな影響が見られる。

続きを読む
2015.09.01
グループニュース

コファスの日本における代表者に須知義弘が就任

2015年9月28日にコファスの日本における代表者として須知義弘が就任する事になりました。日本でのコファスの事業開発、取引信用保険業務及びサービス活動を監督する事になります。

続きを読む
2015.07.29
グループニュース

2015年上半期業績:新興市場諸国での保険請求増加にもかかわらず、6600万ユーロの利益を計上。

昨年末以来、当グループの定期的な業績発表の機会に、マクロ経済環境に影響を与えている弱点を指摘してきました。今年上半期にもこのトレンドが確認されており、それは特に、新興市場諸国における保険請求頻度の上昇に現われています。
こうした状況を考えれば、私たちがここで発表する上半期実績は良好です。これによって当グループのビジネスモデルの堅牢性は実証されています。すなわち、商品の革新と多チャンネルによる流通、そしてリスク及びコストの抑制です。

続きを読む
2015.07.22
カントリーリスク&経済レポート

中東欧諸国の自動車部門は外国投資に大きく依存。しかし、内需に前向きの動き。

中東欧地域が、世界的自動車メーカーにとって魅力的な投資先となっている。2014年に東欧諸国で生産された自動車は360万台。EU全体の生産量の21%に相当する数だ。

続きを読む
2015.06.25
カントリーリスク&経済レポート

サブサハラ・アフリカ地域:東アフリカ3カ国は、経済波乱を回避

これまでは、コモディティ価格の高騰に大きく依存して経済成長を加速させてきたサブサハラ・アフリカ地域だが、今後は石油価格の下落の影響に対処していく必要がある。コファスが審査した45カ国はさまざまなレベルで影響を受けている。

続きを読む
2015.06.25
カントリーリスク&経済レポート

カントリーリスク評価、四半期最新データ

中国は格下げ。石油価格の下落による影響を受けた複数の国は、「見通しネガティブ」に。

続きを読む
2015.06.17
カントリーリスク&経済レポート

インド経済の回復はモディ政府のおかげか

2015年5月、IMFがインドを「世界経済の明るい材料の一つ」として取り上げた。主な理由は、より効果的な政策と政情不安の終焉だ。コファスは、同国のGDP成長率が7.5%に達すると予想している。とはいえ、モディ政府による改革はどれほど最近の成長率の回復に貢献したのだろうか。また、経済の改善にリスクはないのだろうか。

続きを読む
2015.06.15
プロダクトニュース

新ブランド 「トレードライナー」を販売開始:コファス、ミドルマーケット向けの取引信用保険商品を刷新

コファス、ミドルマーケット向けの取引信用保険商品を刷新

続きを読む
2015.06.12
カントリーリスク&経済レポート

トルコ経済、10年にわたる順調な改革と高成長率の末、成長率の維持に苦労

コファスの予想では、今年の成長率は3.5%。堅調な成長率とはいえ、5%の潜在成長率の予想を下回る。

続きを読む
2015.06.08
カントリーリスク&経済レポート

生乳クオータ制度の廃止:新たなルールへ

2015年4月1日、欧州で生乳クオータ制度が廃止された。この制度は、いわゆる「バターの山」「ミルクの湖」をもたらした生産過剰への対応として1984年に導入されたものである。この廃止に伴い、30年ぶりに、市場原理によってのみ生乳生産量が決まることになる。フランスの酪農家はその準備ができているだろうか。生乳クオータ制度の廃止によって、生乳生産者が急成長するアジア市場に供給できるようになるのだろうか。あるいは、有機生産品に対する高い需要に対応できるようになるのだろうか。

続きを読む
2015.06.01
カントリーリスク&経済レポート

フランスにおける企業倒産状況(2015年4月末, 数値は引き続き徐々に改善:前年比マイナス2.7%

The favourable swing first seen in 2014 continues. The immediate rise in business insolvencies in the first four months was partly due to a catching up after the artificially low year-end data, because of the industrial action within the court system, which has however resurfaced in May.

続きを読む
2015.06.01
カントリーリスク&経済レポート

中東欧コファス企業の倒産状況:経済見通しは好転も企業にとっての試練は続く

ここ数年、中東欧諸国は激動の時期を経てきた。各国経済は、失業率の上昇とレバレッジ解消プロセスの進行に由来する民間消費の縮小という試練を受けた。また、主要な貿易相手であるユーロ圏における二段底のリセッションにも影響を受けた。中東欧諸国の大半にとって、2014年は改善の年となった。

続きを読む
2015.04.29
カントリーリスク&経済レポート

2014年、アジア太平洋地域において企業の70%が支払い遅延を経験

コファスのアジア太平洋地域における信用リスク管理調査が8カ国2695社を対象として行われた。調査対象企業の70%が、2014年に支払い遅延を経験していた。これは過去3年間で最悪の水準である。そればかりか、回答企業の37%は2014年の延滞額が前年より2%増大したと報告している。中国、インド、香港及びタイでは2015年に一段の状況悪化も。

続きを読む
2015.04.23
カントリーリスク&経済レポート

石油価格下落により、2部門の評価を更新

最近の石油価格の下落は、世界各国の企業の信用リスクに波及効果を与えている。コファスでは、分析対象14部門のうち、石油価格下落による最大の「勝ち組」と最大の「負け組」を特定し、これに応じて評価の引き上げ、引き下げを行った。

続きを読む
2015.04.22
カントリーリスク&経済レポート

米自動車部門は無事にトップギアにシフトしたのか

800億ドルのコストと大規模なレイオフを伴った自動車産業の救済は、米国のトラウマとなっている。米自動車メーカーは今、競争力を回復し、米国の経済成長の回復から追い風を受けている(2015年は2.9%の予想)。業績は上向いており、ローンの利用が容易になったこともあって需要は好調だ。だが、価格面ではどうだろうか。コファスのモデルによる予測では、2015年 の売上高の成長率は3.8%と安定的な水準ではあるが、ここ数年記録されたレベルは大きく下回っている。
自動車部門は、引き続き、行く手に待ち構える新たな挑戦に対応するために必要な今後の変革を見据えていく必要があろう。

続きを読む
2015.03.30
カントリーリスク&経済レポート

カントリーリスク/事業環境評価、四半期最新データ

コファス、欧州2カ国のカントリーリスク評価を格上げ
ブラジルは「見通しネガティブ」に
ロシアの事業環境評価は「C」に格下げ

続きを読む
2015.03.30
カントリーリスク&経済レポート

次の10年間、「長期的停滞」のリスクを回避できる先進国は5カ国に

景気回復が公言されて3年以上経つが、先進諸国は持続的な成長路線に戻るのに苦労している。一部では成長の停滞が予想されており、そのような状況が不可避と見られている場合もある。だが、こうした長期的停滞のリスクという点では、すべての先進諸国が同じ立場にあるわけではない。グローバルに見れば脆弱な展望でも、それとは一線を画している例外的な国もある。OECDに加盟する先進諸国のうち、次の10年間にわたって成長を加速するために必要な要素を備えているのはどこだろうか。

続きを読む
2015.03.20
グループニュース

企業信用情報分野での主導的立場を確保~コファス、イスラエルでの信用保険事業を開始

債権回収、情報サービスに加え、信用リスクの予防・保全におけるコファスの専門能力が地元企業に貢献

続きを読む
2015.03.04
カントリーリスク&経済レポート

中国の債務支払い遅延が高水準に:2014年は全企業の80%が延滞を経験

コファスが行った中国における企業信用リスク管理に関する新たな調査 によれば、2014年には、10社中8社が支払い遅延を経験していた。グローバル信用保険グループ大手であるコファスは、2015年の中国のGDP成長率は7%に減速すると予想している(2014年は7.4%)。企業は引き続き、高い債務比率、高い資金調達コスト、低い収益率(生産能力過剰を原因とする)といった課題に直面しており、短期的には債務不履行は改善しないものと予想される。

続きを読む
2015.03.04
カントリーリスク&経済レポート

国際石油価格の下落がラテンアメリカに与える影響

ラテンアメリカはコモディティの主要生産地域であり、最近の石油価格の下落はラテンアメリカ諸国にさまざまな形で影響を与えている。国際石油価格の下落が追い風となりうるのはどの国か。そして、なぜそれ以外の国にとっては逆風になるのか。

続きを読む
2015.02.19
グループニュース

コファス、2014年度は目標通りの業績達成、一株当り0.48ユーロの配当を予定[1]

「コファスは、期待通りの年度財務実績を発表できることを嬉しく思います。本年度も、当社の収益性に優れた成長戦略の強さが実証されました。この順調な業績向上は、コファスのイノベーティブな保険商品、優秀な販売網、全世界での事業展開、そして慎重なリスクマネジメントによるものです。」

続きを読む
2015.01.28
カントリーリスク&経済レポート

2015年カントリーリスク・カンファレンス:2015年、グローバル経済の回復は前途多難であり、複数のリスクに

グローバル経済は徐々に回復への道を歩みつつある。2008年の危機以前に比べれば活気に乏しいが、グローバルな経済成長は緩やかな加速を続けている。

続きを読む
2015.01.23
カントリーリスク&経済レポート

中東・北アフリカ地域:「アラブの春」以降の進捗

中東・北アフリカ地域では、政治的・社会的混乱の時期を経て、経済活動が力強さを増している。グローバルな景気回復と、域内の一部の国の間で政治的な合意が成立する兆しが見られることを背景に、成長率は2014年が2.6%、2015年には3.2%に加速すると予想されている。とはいえ、成長パフォーマンスは引き続き2000〜2010年の平均5.4%を下回る水準にとどまるだろう。

続きを読む
2015.01.23
カントリーリスク&経済レポート

トルコ:通貨下落と国内需要の低迷が企業支払い動向に影響を与える

2013年5月、米連邦準備制度理事会のベン・バーナンキ議長が出口戦略を明らかにしたことで、金融市場では、開発途上国市場に対するリスク認識の変化を特徴とする新たな時期が始まった。大きな経常赤字と輸入依存度の高い製造部門を抱えた状態でこの時期を迎えたトルコは、その後3回の選挙を経験した。

続きを読む
2015.01.23
カントリーリスク&経済レポート

ラテンアメリカ:太平洋沿岸諸国では成長加速

30年前、ラテンアメリカといえば、「独裁」「債務危機」「高インフレ」といったネガティブな言葉が連想されたものだった。月日は流れ、この地域はすでに、経済成長、新興の中産階級、貧困削減、抑制されたインフレを想起させるようになっている。

続きを読む
2014.12.17
グループニュース

コファスはCFO Innovation Asiaによって前回に続き「取引信用保険のベストプロバイダー」を受賞

コファスは、アジアにおける企業のトップレベルの財務担当向けのオンライン専門誌であるCFO Innovation Asiaより「取引信用保険のベストプロバイダー賞」を受賞した。

続きを読む
2014.12.15
グループニュース

フィッチ社よりコファスの保険会社財務格付は「AA-」と評価

フィッチ社の格付けが12月15日月曜日発行、コファスの保険会社財務格付(IFS)は「AA-」(安定的見通し)と確認。

続きを読む
2014.12.15
グループニュース, プロダクトニュース

コファス、モロッコでの信用保険事業に関する認可を取得。アフリカにおける主導的な地位を強化

2007年以来モロッコで事業を営んできたコファスは、同国規制当局より保険・再保険事業に関する認可を取得した

続きを読む
2014.12.12
カントリーリスク&経済レポート

フランスの低インフレ率は成長ペース変化の兆候か

インフレが減速し(低インフレ率)、成長が横這いになったことで、フランスは価格下落の悪循環にはまり込む危機に瀕している。1930年代のアメリカや多くの欧州諸国が見舞われたような大恐慌という極端な状態に陥ることはないとしても、フランスは、1990年~2010年の日本で見られたような長期にわたる価格・成長の停滞を余儀なくされる可能性はあるだろうか。

続きを読む
2014.12.12
カントリーリスク&経済レポート

フランスにおける企業倒産件数、小幅ながら減少

10月末時点での過去12ヶ月間の企業倒産件数は、6万3002社となった。コファスのデータでは通年で0.9%の減少となっている。

続きを読む
2014.11.26
カントリーリスク&経済レポート

コファス四半期部門リスク評価:世界3主要地域・14部門対象

北米の化学、運輸、繊維・衣料が「中程度のリスク」から「低いリスク」に格上げ
北米では、ポジティブな経済展望と原油価格の低下により部門リスクが改善

続きを読む
2014.11.26
カントリーリスク&経済レポート

経済危機後の欧州製薬企業の将来展望

製薬部門は欧州諸国の経済状況に依存しているため、2008~09年の経済危機、そして2011~12年の債務危機は同部門に悪影響を与えた。欧州における医療関係支出の減少によって特に打撃を受けた製薬各社は、現在は回復を求めて、新規市場への拡大とニッチ市場への投資によって行き詰まりを打破しようとしている。

続きを読む
2014.11.13
カントリーリスク&経済レポート

香港、台湾及び韓国における年次のコファスカントリーリスクカンファレンス。コファスは世界経済のゆっく

コファスは11月中に、香港、台湾及び韓国で年次のカントリーリスク・カンファレンスを開催しており、全てのイベントで延べ700名以上が出席した。このカンファレンスでは、一流のエコノミストや著名な企業の幹部が、世界の主要国の経済発展に関する洞察を述べ、ビジネスリスク管理に関する知見を交換した。

続きを読む
2014.11.06
カントリーリスク&経済レポート

ポーランドの企業倒産増加に歯止め―いつまで続くか

2014年上半期、ポーランド企業に関する企業倒産統計は改善傾向を示した。破産を申請した企業は合計402社で、2013年の同時期に比べると11.5%の減少となっている。

続きを読む
2014.10.30
カントリーリスク&経済レポート

最新カントリーリスク評価

ユーロ圏では緩やかではあるが確かな回復、大型新興市場国では政治・財政に不安要因

続きを読む
2014.10.24
カントリーリスク&経済レポート

グローバル貿易:危機以前の水準への回復は難しいが、成長ポテンシャルは見られる

グローバル貿易は30年にわたり前例のない拡大を遂げた後、根本的な変化の時期を迎えている。貿易の減速は景気循環による現象なのか、それとも長期的・構造的なものなのか。

続きを読む
2014.09.23
カントリーリスク&経済レポート

コファス四半期部門リスク調査:世界主要3地域14部門

2014年第2四半期がゼロ成長に終わったことで、「きわめて緩慢な回復」というシナリオの正しさが裏付けられた。とはいえコファスの予測では、2014年のGDP成長率は前向きで、2013年にマイナス0.4%と後退したGDP成長率は、推定0.9%とプラスに転じる見込みである。

続きを読む
2014.09.22
プロダクトニュース

「CofaMove」アプリ提供開始:CofaNetモバイルに進出

コファスは、取引信用保険契約の管理のためのオンラインプラットフォーム「Cofanet」の主要機能に、いつでも、どこからでもアクセスできるモバイル・アプリケーションを顧客に提供開始する。このアプリは、AppleのAppStore及びGoogle Play Storeからダウンロード可能になる。

続きを読む
2014.09.18
カントリーリスク&経済レポート

アメと鞭:中国経済を待ち受ける課題

今年初めから、中国政府はさまざまな改革課題を実施する努力を続けている。なかでも大きいのが中国経済の構造調整だ。国内需要があいかわらず抑制されているなかで、不動産市場は低迷を続けており、いくつかの部門における生産能力過剰は未解決のままであるだけに、中国が7.5%という経済成長目標を達成できる可能性は低い。コファスでは、より多くの政策支援が予定されていることを踏まえて、2014年の中国のGDP成長率は7.4%になると予測している。

続きを読む
2014.09.17
カントリーリスク&経済レポート

欧州系航空会社の収益性は世界最低:適応のためのシナリオはあるか

アジアの成長ポテンシャルを取り込むことが不可欠と思われる今、欧州系航空会社は低価格航空会社や湾岸諸国系航空会社との激しい競争のために伸び悩んでいる。現在、欧州各社の収益性は世界最低である。こうした新たな制約のもとで、どのような変革が考えられるだろうか。

続きを読む
2014.09.11
カントリーリスク&経済レポート

ブラジルにおける企業倒産:近い将来に何が起きるか

債務再編と破産手続きの利用が引き続き主流に
ブラジルの経済活動は依然として精彩を欠き、インフレ率は目標を上回っており、金利は世界で最も高い水準にある。さまざまな指標からはブラジルにおける信頼感が低いままであることを示し、ただでさえ低い投資率はさらに悪化を続けている。

続きを読む
2014.09.11
カントリーリスク&経済レポート

2013年には経済成長の先頭を走ったルーマニア-2014年の後退から巻き返しはなるか

好調な経済のおかげで、ルーマニアは欧州の景気回復の牽引国の一つとなった。2013年のGDP成長率は3.5%と期待を上回った。成長に大きく貢献したのは農業部門・工業部門であり、特に、主として海外の顧客に供給を行う自動車製造部門が大きかった。2014年のルーマニアはこの成長ペースを維持できないだろうが、引き続き展望は明るい。

続きを読む
2014.08.26
グループニュース

コファス、アジア地域の組織強化に向け、ハン・ウォン(Hung Wong)をアジア・パシフィック地域担当CEOに任命

コファスはアジア地域における活発な成長戦略に合わせ、ハン・ウォンをアジア・パシフィック地域事業のCEO及びグループの執行委員に任命した。

続きを読む
2014.07.29
グループニュース

コファス、セルビアに対する取引信用保険の提供開始 ― 98番目の市場に

取引信用保険の分野で世界有数の企業であるコファスは、セルビア国内でAxaと提携することにより、取引信用保険の提供内容をさらに充実させることになった。今後セルビア企業は、債権回収及び企業情報サービスに加え、コファスの信用保険分野における長年の経験と国際的な事業活動の力を借りることができる。

続きを読む
2014.07.29
グループニュース

2014年上半期業績:指針どおりの成長・収益性を達成

•収益の成長率は既存契約ベースで1.8%
•契約維持率は92.3%に上昇、新規契約額は14%増加

続きを読む
2014.07.21
グループニュース

コファス、グループ営業担当取締役にニコラ・ガルシアを任命

この新たな役職への着任とともに、ガルシアはグループ経営委員会及び執行委員会のメンバーとなる。

続きを読む
2014.07.10
カントリーリスク&経済レポート

格付け「A4 」にダウンしたブラジル経済、2015年は調整に向かう

コファスの予想では、2014年のGDP成長率は相当に低下する(2013年の2.5%に対し2014年は1.3%)。これは、家計消費の伸びが鈍化し、投資の勢いが失われ、貿易収支が悪化するためである。コファスでは、2015年が転機になり、中期的にはGDPは大きく成長するとみている。

続きを読む
2014.06.25
カントリーリスク&経済レポート

トルコ経済 ― 2014年予測

2014年8月には大統領選挙を控えているため、コファスでは、トルコにおけるコーポレートリスクを慎重に評価している。12月・1月に見られたように政治的緊張が再び高まれば、投資家がトルコから逃避する可能性があり、外為市場の不安定化につながりかねない。こうした状況は、すでに記録的な高さにある企業部門の対外債務残高に悪影響を及ぼすだろう。

続きを読む
2014.06.12
カントリーリスク&経済レポート

コファス、西欧と「新」新興市場諸国についてリスクの改善を指摘

2014年第1四半期には、グローバル成長の加速が確認された。コファスの予測では、成長率は2013年の2.6%から、2014年には3%近く、2015年には3.3%になると見られる。

続きを読む
2014.06.12
カントリーリスク&経済レポート

イギリス、景気回復の力強さを反映し、A2に格上げ

イギリス経済は2009年のリセッションに際して、家計消費・投資が急減速したことにより他の欧州諸国に比べより厳しい影響を被ったものの、今日、成長回復の力強さには突出したものがある(2013年は1.8%)。

続きを読む
2014.05.26
カントリーリスク&経済レポート

コファス予測:2014年スペインにおける中小企業倒産は13%減少、フランスでは横ばい

スペインとフランスは企業活動という点で似たような特徴を備えており、企業倒産の状況はいずれも憂慮すべき動向を見せている。だが、2008~09年の危機以降の中小企業 の状況は両国のあいだで異なっており、2014年の中小企業倒産予測は、そうした乖離をさらに裏付けている。

続きを読む
2014.05.21
カントリーリスク&経済レポート

2013年、アジア太平洋地域における企業の支払遅延状況は安定

-2014年も引き続き中国の成長減速が懸念要因に -

コファスが実施したアジア太平洋地域における信用リスク管理調査によれば、同地域における企業の支払状況は全般的に落ち着きを見せている。オーストラリア及び中国の企業は、不払いの増加に悩まされている。2014年も引き続き、中国の成長減速が同地域の他国にとっては懸念要因である。

続きを読む
2014.05.05
グループニュース

コファス・アジア太平洋地域コマーシャルチームにおける人事情報

信用保険ソリューションにおいて世界を代表する企業の一つであるコファスは、アジア太平洋地域におけるコマーシャル組織を拡大し、クライアントとなる多国籍企業及び銀行・金融機関に対するサービスを改善している。

続きを読む
2014.04.15
カントリーリスク&経済レポート

コファス四半期信用リスク調査: 世界主要3地域14部門が対象

部門リスクは北米・欧州で安定、アジア新興国では懸念要因になりつつある。
西欧:安定化の初期兆候とは裏腹に、複数の部門では依然として高いリスクが見られる。

続きを読む
2014.04.15
カントリーリスク&経済レポート

アジアのエレクトロニクス産業に新たなパラダイム:明確な活性化の一方でリスクは増大

イノベーション:成長を牽引しつつ、リスクを生じさせる
グローバルな製造ネットワークからグローバルなイノベーションネットワーク(地理的な境界を越えた製品開発・研究活動を伴う)へと移行したアジアのエレクトロニクス産業は、2017年まで年間3%以上の成長を見せるはずである。アジアがエレクトロニクス分野における新たなイノベーションの中心となるなかで、現地企業は現在、製造と研究の国内化に期待をかけている。

続きを読む
2014.03.25
カントリーリスク&経済レポート

カントリーリスク最新情報とビジネス環境評価

リスクが最も低いのは米国、一方で主要新興市場諸国の苦闘は続く

先進諸国の景気回復(2013年の1.2%成長に対し2014年は1.9%と予測)は、イギリス及びアメリカに関するカントリーリスク評価の上方修正に反映されており、両国は最良のリスク区分に加わった。だが、主要新興市場諸国のリスク水準は上昇しており、ブラジル、ロシア、トルコ、ベネズエラの評価は引き下げられるか、見通しネガティブとされている。
新興市場諸国のビジネス環境は変動が続いている。ウクライナ、そしてこの点に関してもベネズエラなど多くの国が評価を引き下げられている。この他、アルジェリアなどの国では企業規制の点で進捗が見られる。

続きを読む
2014.03.25
カントリーリスク&経済レポート

コファス、BRIC諸国に迫る新興市場国10カ国を特定

10年に及ぶ活気溢れる成長の末に、BRIC諸国の経済は急速に減速している。2014年の経済成長率は、これら諸国が過去10年間に記録してきた平均成長率よりも平均3.2%落ちるというのがコファスの予測だ。その一方で、他の新興市場諸国が発展を加速させている。そのなかでも、製造部門の見通しが明るく、拡大を支える十分な資金調達が行われている「トップ10」が浮上している。

続きを読む
2014.03.04
グループニュース

2013年度業績

好調な営業活動と損害率の改善

続きを読む
2014.02.27
カントリーリスク&経済レポート

中国、企業の支払遅延が過去3年間で最高水準に。2013年には企業の80%に影響

金融市場への圧力高まる/2014年は安定的な成長。しかし、シャドーバンキングに対する懸念あり

続きを読む
2014.02.13
グループニュース

南米地域でトップの信用保険会社コファスが、コロンビアに直営拠点を開設

コファスグループの直営拠点、南米9カ国に拡大

続きを読む
2014.01.23
カントリーリスク&経済レポート

2014年の中国:資金調達及び過剰生産能力のリスクがありつつも、 堅調な成長

マクロ経済とミクロ経済で傾向が分かれたことにも見られるように、2014年は中国経済にとって多様化の年である。

続きを読む
2014.01.21
カントリーリスク&経済レポート

カントリーリスク・コンファレンス2014: 2014年は、先進経済諸国では好ましいリスク傾向。しかし、主要新興国...

金融危機後の先進国と新興国間の再調整を経て、2014年の世界のカントリーリスクはより古典的なモデルに沿った変化に向かっている。

続きを読む
2013.12.17
カントリーリスク&経済レポート

コファス季刊「セクター・パノラマ」 - 北米とアジアでポジティブな変化

北米とアジアでポジティブな変化

繊維セクターの技術革新への投資によってヨーロッパのリスクが沈静化

北米の小売セクターと自動車セクター、アジア新興国のサービスセクターの信用リスクレベルを「普通 (moderate)」に引き下げ

続きを読む
2013.11.20
グループニュース

中国:経済、産業、通貨やグローバル化における継続的な改革

2013年11月9日~12日、中国共産党第18期中央委員会第3回全体会議が北京で開催された。
会議を通して、習・李体制の構造改革の成果および今後の計画案が紹介され、現政権は、改革の実践が見込まれるとの見解を表明した。

続きを読む
2013.10.14
カントリーリスク&経済レポート

コファス、米国のビジネス・リスクについては楽観的だが、ブラジルやタイのような新興国のそれについては

米国では、成長とビジネス・リーダーたちの信頼感が戻りつつある。全体として、先進諸国は向上している: 2年間の景気後退の後、ユーロ圏は2014 年に、ささやかながらもプラスの成長(+1%) を記録するであろう。EUの中では、ドイツが1.8%と言う目覚ましい回復を示すことが期待されている。フランスは、低成長 (0.6%) を経験するであろうし、スペインとイタリアでは景気後退の終焉が視野に入っている。しかし、こうした改善点にもかかわらず、ビジネス・リーダーたちの信頼感は、ヨーロッパでは未だ戻って来ていない。懸念は、たとえBRICS 諸国が先進諸国における回復の恩恵を間接的に受けるにしても、成長率の構造的低下(2014年に全体で4.8%と推定されている) に直面する新興諸国から来ている。

続きを読む
2013.10.14
カントリーリスク&経済レポート

新興アジア : コファス、家計部門の債務に関連したリスクの上昇を警告

中産階級主導により依然として高い アジアの成長見込み。マレーシア、韓国、シンガポールおよびタイ: サブプライム危機当時の米国と同程度の家計債務。

続きを読む
2013.09.26
カントリーリスク&経済レポート

コファスの季刊"セクター・パノラマ"

コファス、3セクター(化学、医薬品および自動車)の信用リスク評価を格下げ

続きを読む
2013.09.25
グループニュース

エコノミストのグローバルネットワークと共に拡大するコ ファス、アジア太平洋地域エコノミストを香港で任...

グループの経済調査チーム、世界の主要地域でエコノミストを任命することで、新たな国際的次元を獲得

続きを読む
2013.07.16
カントリーリスク&経済レポート

ブラジルの経済的苦境:キックスタートのチャンスはあるか?

典型的な新興国であるブラジルは、2009年の大危機の試練を見事に乗り切った。それから4年、社会的抗議がその成長モデルの失敗を目立たせ始めている。

続きを読む
2013.07.02
カントリーリスク&経済レポート

コファスの世界のGDP成長見通し

コファスは、世界の成長率が2013年には 2.7%と、2012年に比べてほぼ横ばいとなろう、と予想している。GDPの成長は、新興諸国、特にアジアによって推進されるであろう。その反面、ユーロ圏は引き続き世界成長の足枷であり続けよう: 我々はユーロ圏が今年、主にイタリアとスペインに引きずられて、緩やかな景気後退を記録すると予想している。米国の成長率は今年、民間投資と消費回復が財政再建効果 (2013年に-0.5ポイント) を相殺して1.8% に達すると予想される。更に、成長は英国内のプラスの地域を除いては不振のままであるに違いない。我々は、日銀が決定したきわめて拡張的な金融政策を受けて、日本に対する我々の見通しを引き上げた (今年+1.4%)。

続きを読む
2013.07.01
グループニュース

コファス、クロアチアでの信用保険の提供で、中欧での事業を更に拡大

2013年7月1日付でクロアチアが欧州連合に加盟するのと日を同じくして、コファスは、増大する企業からの需要に応えるため、同国における信用保険サービスの提供を開始する。

続きを読む
2013.06.20
カントリーリスク&経済レポート

いくつかの先進国に微かな望み:日本、アイスランド、およびアイルランド

コファスは、いくつかの先進国経済に改善を認めた。日本の成長は、少なくとも短期的に経済の活性化に貢献している安倍総理の政策メッセージの恩恵を受けている。ユーロ圏の一員であるアイルランドにおいても、同国が財政危機から徐々に浮上しているため、成長がより着実なものとなりつつある。アイスランドの経済もとてもダイナミックである。他方、南アフリカとチュニジアでは、活動の収縮、財政問題ならびに何にもまして高まりつつある政治・社会的プレッシャーがリスクを増大させつつある。

続きを読む
2013.06.20
カントリーリスク&経済レポート

イタリア: 景気後退の深刻さ、脆弱な小企業の圧倒的多さ、公共部門における大規模な支払遅延を反映し、企...

悪循環に陥ったイタリアの "ビジネス・モデル"
ユーロ圏の最先進工業国の1つであるイタリアは、7 四半期連続のGDP 収縮に見舞われている。活動レベルは2012年度に2.4% 低下し、2013年度には1.7% 収縮する (ユーロ圏の -0.6% に対して)、と予想されている。家計消費は、購買力低下と高失業率のせいで落込んでいる。長期的には、きわめて弱いレベルの経済活動とイノベーションの低さに成長率は影響を受けやすいであろう。

続きを読む
2013.05.23
カントリーリスク&経済レポート

低成長の犠牲となっている中欧の企業は2013年に危機を脱しないであろう

西ヨーロッパに比べ、東ヨーロッパにおける債務不履行は、猛スピードで加速している。

続きを読む
2013.04.22
カントリーリスク&経済レポート

アジア太平洋地域における企業の支払延滞状況が2012年度に悪化した事が調査によって明らかに - 企業は2013年...

世界有数の信用保険グループであるコファスは、2012年第4四半期にアジア太平洋地域における企業信用リスク管理に関する調査を行なった。その結果、同地域における企業の支払振りは全般的に悪化したことが明らかとなった。オーストラリア、中国およびインドの企業は、不払いの増加に悩まされている。建設、IT、ISP&データ処理、ならびに繊維、衣料&靴の各セクターは、より高いリスクに曝されている。この地域の企業は、2013年度における世界の景気回復について、これまでより楽観的ではなくなっている。

続きを読む
2013.04.19
カントリーリスク&経済レポート

セクターリスクに関して広がりつつある欧州と他地域とのギャップ

信用リスクは欧州でこそまだ高いが、新興アジアや北米では見通しが明るい

続きを読む
2013.03.20
カントリーリスク&経済レポート

新興国に再び現れるリスク: 政治的不安定、増大する保護主義、信用バブル

コファス独自の新しい指標
2013年には5.1%と推定される立ち直りの速い成長と、改善されたソブリンならびに対外ファンダメンタルズにもかかわらず、新興国のリスクは完全に消えてしまっておらず、形を変えただけに過ぎない。3つの主なリスクが今や新興市場に重くのしかかっている。

続きを読む
2013.03.06
グループニュース

コファス、インドネシアの取引信用市場発展のため、Adira との協力を強化

コファスは、インドネシア企業に取引信用保険を提供するために、2008年からPT Adira Dinamika Asuransi (Adira) をサポートしているが、2013年2月、インドネシアにおける取引信用管理を促進するために、コファスはAdira により良いサポートを行なうべく、ジャカルタに正式な駐在員事務所を開設した。

続きを読む
2013.02.21
グループニュース

コファス、欧州にある21 拠点の1本化を完了

コファスは、欧州における信用保険の活動の体制を簡素化し、効率化した。

続きを読む
2013.01.22
グループニュース, カントリーリスク&経済レポート

カントリーリスク・コンファレンス2013 年:企業にとって終焉には程遠い欧州の危機

世界中の企業との日常的なコンタクトに基づき、コファスは2013年における世界経済について用心深いシナリオを発表した。

続きを読む
2013.01.21
グループニュース

コファス、成功を収めている戦略的再集中を反映する、新たな企業ロゴとタグラインを採用

当グループは今回、新しい企業ロゴと共に、"より安全な取引のためのコファス” という新しいタグラインを採用することにした。国際的ブランドのユニークなシンボルである新しい企業ロゴは、2013 年1月21 日からコファス・グループの 66 拠点で導入される。

続きを読む
トップ
  • 日本語
  • English