ニュース、レポート及びイベント
2021.10.05
経済関連出版

中国は、米国の影響が減っている中、ラテンアメリカの主要輸出先としての地位を拡大し続ける

中国は、米国の影響が減っている中、ラテンアメリカの主要輸出先としての地位を拡大し続ける

中国とラテンアメリカの貿易関係は過去20年間で大幅に拡大し、徐々に米国とラテンアメリカの関係よりも目立つようになってきている。こうした傾向が続いている背景には、世界の2大経済大国である米国と中国の成長率の差や、近年における両国政府の貿易政策などが挙げられる。
ラテンアメリカでも経済規模の大きい6か国(メキシコを除く、アルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、エクアドル、ペルー)をひとつのグループとして捉えると、将来的にこれらの国における貿易量の成長率が国内需要の拡大を超えるだろうとコファスは見込んでいる。もちろん、この地域における経済活動の回復は、世界平均や、とりわけ中国や米国の回復には及ばないと見込まれる。そのため、2021年の対中・対米貿易量は明るい見通しとなっている。ラテンアメリカからの輸出においては、米国と比べて中国が主要国の役割を益々続けるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この出版物をダウンロード : 中国は、米国の影響が減っている中、ラテンアメリ... (2.12 MB)

お問い合わせ


Japan

コファスジャパン信用保険会社
マーケティング&コミュニケーションズ
 小川 のりこ
 
T. +81 3 5402 6195 
noriko.ogawa@coface.com

トップ
  • 日本語
  • English