ニュース、レポート及びイベント
2022.10.17
経済関連出版

世界経済の冷え込み -コファス・バロメーター2022年第3四半期

A cold chill on the global economy

北半球に秋が訪れ、世界経済の空が暗くなっている。前回のバロメーターで強調したウクライナでの戦争の影響を超えて、世界的な金融引き締めと中国の成長に対する複数の制約が、控えめに言っても暗雲を描く見通しだ。

 

短期的には、経済はほぼゼロ成長と急激な物価上昇が共存する 「スタグフレーション」 。世界的な景気後退の可能性も明らかになってきている。今期のGDP成長率予測の全般的な下方修正はこれを反映している。

 

当社の評価変更は、このロジックと、前四半期に行われた多数のダウングレードとも一致する。コファスは第2四半期の19カ国に続き、8カ国(イタリア、デンマーク、スイス、キプロス、ルクセンブルク、マルタ、エジプト、チリ)を格下げした。49件のセクター・リスク・アセスメントの下方修正は、景気循環に敏感なセクター(建設・金属・木材)の状況が明らかに悪化していることを浮き彫りにしている。

 

 

この出版物をダウンロード : 世界経済の冷え込み -コファス・バロメーター20... (4.48 MB)

お問い合わせ


Japan

コファスジャパン信用保険会社
マーケティング&コミュニケーションズ
 小川 のりこ
 
T. +81 3 5402 6152 
noriko.ogawa@coface.com

トップ
  • 日本語
  • English