ニュース、レポート及びイベント
2021.04.27
経済関連出版

カントリーリスク及びセクターリスク ・ バロメーター 2021 年 第 1 四半期

カントリーリスク及びセクターリスク ・ バロメーター 2021 年 第 1 四半期

新型コロナウイルス感染症の発生から1年以上が経過した今もその展開に関する不確実性が、グローバル経済のトレンドを形作り続けている。ワクチン接種のプロセスの加速にもかかわらず、地域や業界を通じて通常への回帰の見込みは不均衡かつ

不確実となっている。コファスのシナリオでは前四半期¹と同様に経済回復は、欧米で十分な割合の人口がワクチン接種を完了する夏以降に弾みがつくと想定している。しかし、いくつかの材料の不足および/または主要輸出国(例えばインド)からの輸出規制から起こることによって、特に生産者からの供給制限によるワクチンの展開が遅れるリスクがある。ウイルスの変異に対するワクチンの無効性も、世界経済に対するリスクである。最後に、いかなる場合においても人の移動の自由は制限が続き、経済活動もこれにより長期にわたって阻害されることになる。

 

フルレポートをダウンロード

 

 

 

 

 

 

この出版物をダウンロード : カントリーリスク及びセクターリスク ・ バロメー... (3.07 MB)

お問い合わせ


Japan

コファスジャパン信用保険会社
マーケティング&コミュニケーションズ
ジョナタン・ペレズ
 
T. +81 3 5402 6108 
jonathan.perez@coface.com

トップ
  • 日本語
  • English