ニュース、レポート及びイベント
2014.10.30
経済関連出版

カントリーリスク評価パノラマ

カントリーリスク評価パノラマ

世界経済は確実な回復フェーズに入ったが、その歩みは遅く、不均一である。経済危機の後、回復への道が困難であった要因はいくつかある。公的債務・民間債務が高水準であり、危機以前のペースに比べて信用市場の活力が低かったこと、ユーロ圏では新たなデフレのリスクが観られ、経済のプレイヤーのあいだでは長期的な信頼感が弱化したことなどである。 

この出版物をダウンロード : カントリーリスク評価パノラマ (940.78 kB)

お問い合わせ


Japan

コファスジャパン信用保険会社
マーケティング&コミュニケーションズ
ジョナタン・ペレズ
 
T. +81 3 5402 6108 
jonathan.perez@coface.com

トップ
  • 日本語
  • English