ニュース、レポート及びイベント
2013.09.25
グループニュース

エコノミストのグローバルネットワークと共に拡大するコ ファス、アジア太平洋地域エコノミストを香港で任...

エコノミストのグローバルネットワークと共に拡大するコ ファス、アジア太平洋地域エコノミストを香港で任...

 

コファスの優先事項の一つが企業の取引の安全性を高めることにあるため、同グループは戦略的地域 (香港、マインツ、イスタンブール、サンパウロおよびワルシャワに拠点が) にエコノミストのグローバルネットワークを設けることで、リスクに対する専門性を開発し続けている。5人のエコノミストは、パリにあるグループの経済調査部門と密接に活動して行くことになる。

 

新しいエコノミストたちは、あらゆる経済的テーマに関するグループの現地の声となる:

  • 彼らは、クライアントのより近くで、2012年末に発刊されたグループの経済誌(パノラマ)に寄稿することにより、マクロ経済およびミクロ経済のリスク分析に彼らの現地の知識を活かすことになる。彼らはまた、コファスがフランスの国に提供しているカントリー・リスク分析の質をも高めることになる。

 

  • 2014年からは、彼らは企業のデフォルトやセクター分析を専門に発信するそれぞれ現地のパノラマ誌の発刊を準備する。

世界の主要地域におけるエコノミストたちの存在は、先ず第一に、リスク(特にミクロ経済の次元における)のより近くにいることによって、我々の経済分析を強化するであろう。個々のエコノミストは、グループの全ての分析を説明するためのコファスの主要地域における現地の声となり、また我々の重要市場のためのローカルな出版物を産み出して行くであろう。彼らの寄与を通じて、コファスの経済的リスク観は、我々のクライアントやビジネス・パートナーたちにとってより身近なものとなり、従って1年前に発刊された我々のパノラマ各誌によって始まった仕事を拡大するであろう‘ とコファスのチーフ・エコノミストであるイヴ・ズロトウスキは説明している。
アジア太平洋地域では、ロッキー・タン氏が同地域のエコノミストに任命された。ロッキーは香港に拠点を置いている。彼は、アジア太平洋諸国における経済、セクターおよび企業破産の徹底的な分析と見通しをグループの経済調査チームとアジア太平洋地域のために提供する責任を負うことになる。

ロッキー・タンの任命によって、コファスは、アジア太平洋における戦略的発展の野心を明確にしている。コファスがアジアに進出したのは、およそ20年前にことであり、今では12の市場で活動している。ビジネスはこの地域で急速に成長して来ているものの、更新される経済分析を確保するためには、市場のより近くにいる必要がある。

‘アジア太平洋地域は、成長が最も速い地域の1つである。世界中の我々の顧客のうちの大部分がこの地域の企業各社と取引をしている上に、我々はこの地域自体に大きな顧客基盤を有している。我々はこの地域における我々の顧客やパートナーならびに彼らの発展をより良く支援し、我々のリスクをより良く管理かつ理解することができるようになることを望んでおり、ロッキーのレベルのエコノミストにこの地域の経済の分析や洞察を提供させることがこの点での目玉となろう’  とコファス・アジア太平洋のCEO であるリチャード・バートンは述べた。

 

 

ロッキーは、2006年にラスベガスのBellagio Hotel & Casino において財務管理副部長としてそのキャリアをスタートした。彼は以前、Fubon Bank の投資ストラテジストや、香港のChina Construction Bank International のアナリストを務めており、そこで彼はセクターやマクロ経済に関する調査を行ない、定期的なマクロ経済や戦略レポートを発表していた。コファスに加入する前、ロッキーは、独立系シンクタンクで、アジアの視点から世界的な問題についての革新的な意見やリサーチを発表しているFung Global Instituteでプロジェクト・マネージャー及びリサーチ・アナリストを務めていた。ロッキーは、香港大学とウィスコンシン大学・マディソン校から、それぞれ修士号と経済学士号とを取得している。

 

 

世界の主要地域におけるエコノミストたちの存在は、先ず第一に、リスク(特にミクロ経済の次元における)のより近くにいることによって、我々の経済分析を強化するであろう。個々のエコノミストは、グループの全ての分析を説明するためのコファスの主要地域における現地の声となり、また我々の重要市場のためのローカルな出版物を産み出して行くであろう。彼らの寄与を通じて、コファスの経済的リスク観は、我々のクライアントやビジネス・パートナーたちにとってより身近なものとなり、従って1年前に発刊された我々のパノラマ各誌によって始まった仕事を拡大するであろう とコファスのチーフ・エコノミストであるイヴ・ズロトウスキは説明している。

 

アジア太平洋地域では、ロッキー・タン氏が同地域のエコノミストに任命された。ロッキーは香港に拠点を置いている。彼は、アジア太平洋諸国における経済、セクターおよび企業破産の徹底的な分析と見通しをグループの経済調査チームとアジア太平洋地域のために提供する責任を負うことになる。

 

ロッキー・タンの任命によって、コファスは、アジア太平洋における戦略的発展の野心を明確にしている。コファスがアジアに進出したのは、およそ20年前にことであり、今では12の市場で活動している。ビジネスはこの地域で急速に成長して来ているものの、更新される経済分析を確保するためには、市場のより近くにいる必要がある。

このプレスリリースをダウンロード : エコノミストのグローバルネットワークと共に拡大... (75.55 kB)

お問い合わせ


Japan

コファスジャパン信用保険会社
マーケティング&コミュニケーションズ
ジョナタン・ペレズ
 
T. +81 3 5402 6108 
jonathan.perez@coface.com

トップ
  • 日本語
  • English