ニュース、レポート及びイベント
2016.01.21
グループニュース

グラハム・クロジエ(Graham Crozier)、オーストラリア及びニュージーランド担当最高経営責任者(CEO)に就任

Graham Crozier

グラハム・クロジエ(Graham Crozier)は、2016年2月1日付けでコファス・オーストラリア・ニュージーランド支社の最高経営責任者に任命された。彼は事業開発とオセアニア地域でのコファスの取引信用保険及びサービス活動の運営を監督することになる。

 

グラハムはポール・マクガーエン(Paul McGahen)の後任となる。マクガーエンはコファスのオーストラリアチームにおいて4年にわたりポジティブに貢献し、リーダーシップを発揮した後、引退することを決意した。 

  

グラハムは、取引信用保険産業において30年以上を過ごした経験豊富な保険のプロフェッショナルである。グラハムは1985年にイギリスにおいてそのキャリアを開始した。それ以来、ロンドン市場及び1989年以降はオーストラリア(メルボルン及びシドニー)の国内・国際金融仲介ビジネス、アンダーライティング(保険引受)ビジネスにおいて、さまざまな上級管理職の座についてきた。

 

コファス入社前は、National Credit Insurance (Brokers) Pty Ltd. ニューサウスウェールズ支社のジェネラルマネジャーを務めていた。さらにそれ以前には、IMC Trade Credit Solutions Pty Ltdのパートナー兼ディレクターであり、またDexta Corporation Ltd(オーストラリアにおけるコファスの総合代理店)においてもアンダーライティング・マネジャー(取引信用保険及び金融リスク担当)を務めていた。

 

コファスのアジア太平洋地域担当CEOであるHung Wongは次のようにコメントしている。

 「この機会に、ポール・マクガーエンに対し、この4年間、オーストラリア及びニュージーランドにおいてコファスに貢献してくれたことを感謝するとともに、彼の人生の新たな一章の始まりを心から祝福したいと思います。

 グラハムが、事業開発・商品開発、重要なリレーションシップ管理、商取引・リスクのアンダーライティング、その他テクニカルな仲介活動など、取引信用保険市場のあらゆる面にわたる豊富な経験を活かして、オセアニア地域におけるコファスの運営にポジティブな影響を与えてくれることを期待しています。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このプレスリリースをダウンロード : グラハム・クロジエ(Graham Crozier)、オーストラリ... (52.55 kB)

お問い合わせ


Japan

コファスジャパン信用保険会社
マーケティング&コミュニケーションズ
ジョナタン・ペレズ
 
T. +81 3 5402 6108 
jonathan.perez@coface.com

トップ
  • 日本語
  • English