ニュース、レポート及びイベント
2019.10.21
カントリーリスク&経済レポート

コファスはユーロ圏の成長を推定するための新しい予測ツールCRAFTを導入する

コファスはユーロ圏の成長を推定するための新しい予測ツールCRAFTを導入する
景気後退か、やや悪化か、CRAFTはユーロ圏の主要国における成長鈍化の鍵となる要因を提示する。

2019年に入ってから、世界の成長に鈍化の兆しが増えている。この下降傾向についてエコノミストの意見は一致しているが、2017年にピークに達してから、この成長鈍化が、特にユーロ圏において、どの程度のものになるかが目下の疑問である。2020年には景気は後退するという者もいるが、殆どのエコノミストはわずかな鈍化に過ぎないだろうと予測する。

より明確にするために、既存の指標を利用した信頼できる革新的な予測ツールが大切となる。これが、コファスが独自の予測ツールCRAFT(Coface Research Activity Forecasting Tool)の開発を決めた理由である。

 

CRAFT:主要なトレンドを探る有益なツール

活動指標は主成分分析(PCA)の統計的手法に基づく。機械学習モデルの利用で100個ほどの変数の分析が可能になり、GDPの伸びをモデル化する上で最重要の変数のみが保存される。各国につき30個から50個の保存される変数はPCAに含まれ、以下の5つのカテゴリーに分類できる:

  • ハード・データ
  • 調査データ
  • 通貨・金融変数
  • 国際指標
  • コファスが保証する企業の売掛債権のデフォルト率

最初の4つに分類される変数は、活動指数を作成する際に一般によく使われるものであり、5番目がコファス特有のものである。 CRAFTは四半期のGDP 成長率との相関が強く、今期のGDP 成長率(現況把握)および来期のGDP 成長率(予測)の予想を可能にする。

フランスおよびスペインは回復力が強い。一方ドイツは景気後退に突入し、イタリアは低迷すると思われる。

このモデルに基づくと、ドイツは第3四半期に景気後退局面に入り(前期すでに-0.1%だったが、さらに-0.1%)、2019年の最後の3か月は低迷すると思われる。ドイツ経済は、特に自国産業への依存度が高いが、輸出のウェイトが高いため国外の混乱の影響を受けやすく、特に2018年初頭以来の国際的な経済環境の悪化に苦しめられている。米国、中国、英国は、ドイツの主要輸出相手国5つに含まれており、これらの地域の動きが成長を導く鍵となる。

フランス経済も、年末に立ち直る(+0.3%)ものの、第3四半期は成長が鈍化する(+0.2%)と思われるが、この難しい環境の中で強さを見せている。このように、GDPは通年では1.3%増えるだろう。2017年以降、経済活動は鈍化しているが(+2.4%から2018年は+1.7%)、フランスの成長は続いており、四半期で0.2%以上の伸びを維持している。これは、ほとんどの隣国が浮き沈みを繰り返しているのと大きく異なる。フランスは外需への依存度が隣国より低いからである。

CRAFTの結果によると、イタリアの成長は第3四半期にやや持ち直して0.1%になるが、第4四半期には再び低迷すると思われる。イタリア経済は、2年連続で2019年もユーロ圏の国の中で最悪となっている。

同時に、GDPの伸びはスペインでも第3四半期に持ち直す(+0.6%)ものと思われる。その後、第4四半期にはやや鈍化するだろう(+0.5%)。経済活動は、各四半期に0.8%から0.9%の伸びを見せた2017年ほど力強くはないが、堅調さを保ち、鈍化のスピードは非常にゆっくりである。失業率は依然として高く(6月末で労働人口の14%)、政情も安定していないが、スペイン経済は、2013年末に回復を見せ始めて以来、驚くほどの規則性を見せている。

 

Download the Publication

 

 

 

 

 

 

 

 

このモデルに基づくと、ドイツは第3四半期に景気後退局面に入り(前期すでに-0.1%だったが、さらに-0.1%)、2019年の最後の3か月は低迷すると思われる。ドイツ経済は、特に自国産業への依存度が高いが、輸出のウェイトが高いため国外の混乱の影響を受けやすく、特に2018年初頭以来の国際的な経済環境の悪化に苦しめられている。米国、中国、英国は、ドイツの主要輸出相手国5つに含まれており、これらの地域の動きが成長を導く鍵となる。

フランス経済も、年末に立ち直る(+0.3%)ものの、第3四半期は成長が鈍化する(+0.2%)と思われるが、この難しい環境の中で強さを見せている。このように、GDPは通年では1.3%増えるだろう。2017年以降、経済活動は鈍化しているが(+2.4%から2018年は+1.7%)、フランスの成長は続いており、四半期で0.2%以上の伸びを維持している。これは、ほとんどの隣国が浮き沈みを繰り返しているのと大きく異なる。フランスは外需への依存度が隣国より低いからである。

CRAFTの結果によると、イタリアの成長は第3四半期にやや持ち直して0.1%になるが、第4四半期には再び低迷すると思われる。イタリア経済は、2年連続で2019年もユーロ圏の国の中で最悪となっている。

同時に、GDPの伸びはスペインでも第3四半期に持ち直す(+0.6%)ものと思われる。その後、第4四半期にはやや鈍化するだろう(+0.5%)。経済活動は、各四半期に0.8%から0.9%の伸びを見せた2017年ほど力強くはないが、堅調さを保ち、鈍化のスピードは非常にゆっくりである。失業率は依然として高く(6月末で労働人口の14%)、政情も安定していないが、スペイン経済は、2013年末に回復を見せ始めて以来、驚くほどの規則性を見せている。

このプレスリリースをダウンロード : コファスはユーロ圏の成長を推定するための新しい... (259.42 kB)

お問い合わせ


Japan

コファスジャパン信用保険会社
マーケティング&コミュニケーションズ
ジョナタン・ペレズ
 
T. +81 3 5402 6108 
jonathan.perez@coface.com

トップ
  • 日本語
  • English